茂木健一郎、「学歴詐称」ショーンKを評価 「発言の的確さ、素敵だ」

印刷

   脳科学者の茂木健一郎さん(53)が、2016年3月15日配信の週刊文春電子版記事で「学歴詐称疑惑」を指摘された経営コンサルタント、ショーン・マクアードル川上(ショーンK)さん(47)について、ブログで言及した。

   番組で共演したショーンさんを「発言の的確さなど、素敵だと思いました」と評価し、「学歴詐称」と発言そのものは関係があるのか、などと問題提起している。

  • 見識も素晴らしいと思った、とのこと(画像は茂木さんのブログより)
    見識も素晴らしいと思った、とのこと(画像は茂木さんのブログより)

「ある方のことを考える上で、学歴などは、一切参考にしません」

   茂木さんがショーンさんに触れたのは16年3月15日夜、16日朝に更新された2つのブログ記事。

   15日夜のブログでは「お仕事でご一緒した時、その素敵なお人柄に魅せられましたし、そのさまざまな問題についての見識も、素晴らしいと思いました」と高く評価し、「(ショーンさんの)学歴は、認識していませんでしたし、たとえ認識していたとしても、それが、ショーンKさんの印象に影響を与えたとは思いません」と共演時を振り返った。

   そして「私個人」としての考え方だとことわりつつ、「ある方のことを考える上で、学歴などは、一切参考にしません」と書いている。

   16日朝、再びブログでショーンさんに言及。事実と異なる経歴は「訂正された方がいい」と問題視しながらも「お人柄や、ご発言の的確さなど、素敵だと思いました」と共演時を再び振り返り、「『ハーフ』であるとか、国際的に活躍されている『経営コンサルタント』であるとか、あるいはハーバード大学のMBAであるとか、そういうことは一切関係ないし、(共演時に)参照もしませんでした」と明かした。

   そして、ショーンさんが「報道ステーション」(テレビ朝日系)に出演していたことについて「コメントも、実質において良いものだったからこそ、視聴者はご覧になっていたのではないでしょうか」と指摘、「その際、ショーンKさんの経歴は、本当に関係があったのでしょうか?」と疑問を投げかけた。

「倫理観と人柄は切り離せない」「良いコラム」と賛否両論

   最後に、「『ハーフ』『国際的に活躍する経営コンサルタント』『ハーバードMBA』 といったイメージの文脈をつくっているのは、世間だと思います。そして、そのような文脈に価値があると思うのも、世間でしょう。その世間に、私はどうやら入っていません」とショーンさんの「学歴詐称」のみを取り上げる世間の風潮を皮肉った。

   茂木さんのブログ内容については、ツイッターで

「倫理感と人柄は切り離せるものではない」
「首尾一貫して人を見る目がない」

といった批判だけでなく、

「とても良いコラム」
「(ショーンさんの)中身は本物の方です」

と共感の声も巻き起こっている。

   ショーンさんは16年3月15日、所属事務所のサイトで週刊文春の報道内容を大筋において認め、「大変な誤解とご迷惑をおかけしておりました」と謝罪。コメンテーターとして出演していた情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)や「報道ステーション」、司会を務める予定だった4月4日スタートの情報番組「ユアタイム~あなたの時間~」(フジテレビ系)などの降板を番組側に申し入れたと明かしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中