重盛さと美、「LLS」の「パクリ疑惑」反論インスタが炎上 K-POPファンが次々と「似ている」発掘中

印刷

   「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)のレギュラーとしてもおなじみの重盛さと美さん(27)が、インスタグラム上でK-POPファンとバトルを繰り広げている。

   重盛さんがリーダーを務める3人組ガールズユニット「LLS」のデビュー曲が韓国のアイドルグループのものにソックリだとして「パクリ疑惑」をかけられているのだ。本人はこうしたコメントに直接反論。疑惑をきっぱり否定している。

  • 重盛さんがリーダーを務める「LLS」(画像はLLS公式サイトのスクリーンショット)
    重盛さんがリーダーを務める「LLS」(画像はLLS公式サイトのスクリーンショット)

「さすがに真似するのはダメだろ」「不愉快です」

   LLSは、重盛さんがプライベートで仲の良い友人「きほ」と高校時代の後輩「あすみん」を誘って結成。2016年2月24日にはデビューシングル「LOVE GAME」をリリースし、3月に入ってからは各地でミニライブを開催している。

   重盛さんはインスタグラムでPV映像や練習風景などを発信しており、ファンからは日々、応援メッセージが寄せられている。しかし、穏やかな内容ばかりではない。このところ、LLSと韓国アイドルの「類似点」を指摘し、批判するコメントが相次いでいる。たとえば、こんな具合だ。

「お願いですからRedveletに似せるのはやめてください。不愉快です」
「サビの部分がicecreamcakeの曲の一部分に似ていると思いました」
「けーぽっぷ好きなのは分かるけど、さすがに真似するのはダメだろ」

   どうやらデビュー曲の曲調やPVが、韓国の5人組ガールズグループ「Red Velvet(レッド・ベルベット)」が2015年に発表した楽曲「Ice Cream Cake」のそれにソックリだということらしい。

   確かに、2曲のPVにはペンで鏡に文字を描くシーンや、荒野のような場所で踊るシーンなど似た部分はある。曲調についてはツイッター上でも話題になっており、近いものを感じている人が少なくないのも事実のようだ。

「全く寄せる気もないので安心して下さいね」

   もともとK-POP好きで知られる重盛さんだが、パクリ疑惑に対しては真っ向から否定している。

   3月2日ごろには、実際に「Ice Cream Cake」を聞いてみたとした上で、

「思い込みだと思うので同時にかけて聞いてみて下さい!オリジナルを不愉快と言われる方も不愉快ですよ」「全く寄せる気もないので安心して下さいね」

と、あるユーザーに返信している。別のユーザーに対しても「パクる気もパクりたい気もありません」「残念ながら違いますよ」と断言している。

   重盛さんのインスタグラムには「TTSのパクリですか?」といった指摘も数多く寄せられている。

   TTSは、日本でも人気の韓国ガールズグループ「少女時代」のメンバー3人からなる別ユニット「TTS」のこと。ユニット名は、テヨンさん、ティファニーさん、ソヒョンさんの頭文字にちなんでおり、読み方は「テティソ」だ。一方、LLSの由来は3人の洋服のサイズで、「エルエルエス」と読む。

   重盛さんはこれについても「真似してないよ」と否定し、「そもそも読み方も違うしアルファベット3文字のグループなんて死ぬほどおるよー」と反論している。

   しかし、数々の反撃はかえってK-POPファンの怒りを買ってしまったようで、その後も批判コメントが相次ぎ、現在まで収束していない。

   こうした重盛さんの「暴走」には所属事務所も頭を悩ませたようだ。3月13日にはコメントをくれたファンに対し「今事務所に怒られ中(笑)」と返信。15日には「事務所にまた返事せんか見張られてる(笑)そっちのがコワイ(笑)」と打ち明けている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中