北朝鮮が弾道ミサイル発射 約800キロ飛んで日本海に落下

印刷

   菅義偉官房長官は2016年3月18日午前の記者会見で、北朝鮮が5時54分ごろ、西岸の平安南道粛川(スクチョン)付近から1発の弾道ミサイルを東方に発射したとみられると発表した。政府では、弾道ミサイルは約800キロ飛び、日本海に落下したと推定している。最大射程距離1300キロの中距離ミサイル「ノドン」の距離を調整して発射した可能性がある。

   菅氏はミサイルの種類についてはコメントを避けたが、

「航空機や船舶の安全確保の観点からも極めて問題のある行為。国連安保理決議、日朝平壌宣言に違反するとともに6者会合共同声明の趣旨に反するもので、ただちに北朝鮮に対して厳重に抗議した」

と述べ、発射を非難した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中