台湾傘下でも「日本の夏。シャープの夏。」? 新製品「蚊取空清」人気に「もうちょっと早ければ」の声が...

印刷

   久しぶりに、「目のつけどころがシャープ」らしい新製品が登場した。

   それは世界で初めてとなる、蚊をおびき寄せて吸い込んでしまう空気清浄機。破天荒でゆる~いつぶやきでおなじみのシャープの公式ツイッターも、「日本の夏。シャープの夏。」「蚊、空気、この夏どちらにお悩み?」などと、口もなめらかだ。

  • 「目のつけどころがシャープ」だった? 蚊取り機能付き空気清浄機
    「目のつけどころがシャープ」だった? 蚊取り機能付き空気清浄機

開発に6年 1万391匹もの蚊を使い、67回の実証実験

   シャープは、蚊の習性と空気清浄機の吸引力を利用して薬剤を使わずに粘着式「蚊取りシート」で捕獲する、蚊取り機能を搭載したプラズマクラスター空気清浄機「蚊取空清」(FU‐GK50)を発売すると、2016年3月17日に発表した。月3000台を生産。発売日は4月23日で、店頭価格は5万円前後(税別)とみられる。

   「蚊取空清」は、蚊が濃い色を好むことから、本体の色にブラックを採用。蚊を呼び寄せるため、暗がりや物陰に隠れたがる習性を利用して蚊取りパネルには小窓を複数取り付けるなど、蚊が好む環境をつくった。近づいた蚊は空気を清浄する際の気流で吸い込まれ、粘着式「蚊取りシート」で捕獲する。薬剤を一切使わないので、小さな子どもやお年寄りがいる家庭でも安心して使えるとしている。

   東南アジアで蚊に悩む声が多いことから、2009年に開発に着手。そのきっかけとなったマレーシアでは、まず蚊の習性を学ぶため、現地スタッフとマレーシア保健省医療研究所(IMR)が共同で、1万391匹もの蚊を使い、67回の実証実験を繰り返したという。

   2015年10月にマレーシアやタイなどASEAN地域6か国で先行発売したところ大好評となり、「当初計画の2倍、ASEAN地域のシェアで10%を占める売れ行きになりました」(シャープ)と話す。

   日本でも2014年に蚊を媒介とする「デング熱」騒動で、東京・代々木公園で蚊の駆除が大々的に行われるなど社会問題になったことなどから、需要が多いと見込んで国内販売を決めた。

   シャープの公式ツイッターは、

「『蚊取空清』は『かとりくうせい』と読んでください。業界では空気清浄機のことを、空清(くうせい)と略すことが多いので。」
「この『蚊取空清』、弊社には珍しく逆輸入の企画商品です。昨年よりマレーシアなど ASEAN6か国で先行して発売すると、とても好評だったので、日本でも展開することにしました。」
「空気清浄機に蚊取り機能を合体、『蚊取空清』が誕生。紫外線や黒が好きな蚊の習性と、空気清浄機の吸引を利用し、薬剤を使わず蚊をキャッチ。もちろんプラズマクラスターとフィルターで空気もキレイに。」

などと報告。業績の悪化もあって、最近はさえない話題ばかりだっただけに、どことなくうれしそうにみえる。

「さすがシャープ。ホントに蚊が獲れるなら欲しい!」

   台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業への傘下入りを決めた、経営再建中のシャープだが、正式契約を目前に難航しているだけに、世界初の蚊取り機能付き空気清浄機「蚊取空清」はインターネットでも明るい話題として受けとめられているようだ。

「蚊が吸い込まれるのを見たい」
「さすがシャープ。ホントに蚊が獲れるなら欲しい!」
「意外といーんじゃね?」
「これは欲しい。たまに家の中までついてきて刺されると鬱陶しくてしょうがない」
「なかなか面白い商品みたい。蚊取り機能だけで売ってくんないかな」

と、好意的な声が多数寄せられている。

   その半面、

「煙はのぼらんだろうねwww」
「なんだかね~ 発想からしておかしいわ。この会社」
「こんなんヒットすると誰が言い出したの? 目のつけどころがよくわからんわ」

   なかには、

「こういうのを安い値段で途上国向けに出していたら日本の家電も生き延びられたのにね。チョット遅かったかな」

との声もある。

   マーケティング調査の富士経済によると、国内の空気清浄機市場は、2015年実績で前年比0.3%増の386万台。最近の売れ筋は花粉対策機能付きの空気清浄機で、2020年には15年実績と比べて3.6%増の400万台と、まだまだ伸びが見込めそう。

   また、マレーシアを含む東南アジアでは2015年に前年比7.7%増の28万台。2020年には38万台(15年実績比35.7%増)を見込んでいる。呼吸器系の疾患を引き起こす微小粒子物質「PM2.5」の問題を抱える中国でも需要拡大が続いている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中