敗戦で「将校は去勢」の風説 歴史学の泰斗が朝日「声欄」で紹介

印刷

   2016年3月21日の朝日新聞の「声」欄「語りつぐ戦争」で、敗戦時に海軍中尉だった奈良県の無職、直木幸次郎氏(97)が当時の「風説」の一つを投稿で紹介している。降伏して捕虜になると、一般の兵隊はすぐ解放されるが、将校は去勢されニューギニアに送られて強制労働10年、というもので、「自分たちはどうなるか」と不安を抱いたという。実際には武装解除で帯剣や小銃などを捨てただけ。「風説」のようなことはなかった。

   年齢や経歴から投稿者は、日本古代史の泰斗で大阪市大名誉教授の直木幸次郎氏と思われる。直木氏は2月22日に朝日歌壇に載った「睾丸を抜かるる前にと吾を誘う娼婦のありぬ敗戦の夜」という福島県の古川利意氏の歌を読んで、「敗戦時の混乱」を思い出し、「感慨無量」になったという。「全国に流されていた浮説であったのだろう」と回想している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中