清原、拘置中に漏らした「バットを振りたい」 これからの生きる道はどこにあるか

印刷

   容疑者から被告となって、覚醒剤事件の清原和博が保釈となった。これから更生プログラムと向き合うのだが、球界へ戻る道はあるのだろうか。

   今回の事件が明るみに出て再認識したことは、清原の知名度は衰えていないことだった。

  • 更生後は「少年野球指導」の道も…?(画像は清原被告の公式ブログ。現在削除)
    更生後は「少年野球指導」の道も…?(画像は清原被告の公式ブログ。現在削除)

「罪の自覚」がにじむコメント

   厳しい意見はもちろんあったが、一方でこんな声も多かった。

「更生して球界に戻ってほしい」

   やはり甲子園のヒーロー、プロ野球で500本以上の本塁打を放った実績は、さすがなのである。

   保釈されたのは2016年3月17日。警視庁から出ると、千葉県の病院に入院し、持病の糖尿病の治療を行っている。その後、更生への本格治療に入るという。

「一から出直し、必ず更生することを決意しています」
「必ず人の役に立つ人間になることを心に誓っております」

   保釈の際に出した清原のコメントである。以前には聞かれなかった殊勝な内容で、犯した罪を理解したということなのだろうか。

   小生が清原を直接取材したのは西武ライオンズに入団したシーズンだった。

「彼はおそらく、史上最年少で三冠王を獲得するだろう」

   そう書いたことを今でも覚えている。いわゆる打撃タイトルは手にしなかったものの、期待通り、見込み通りの活躍をした。そのころの若武者ぶりを知っているから、現在の姿が信じられない、というのが実感だ。

独立リーグや少年野球の指導者の可能性

   清原が拘置されているとき、「バットを振りたい」との要望があった話を保釈後に聞いた。頼りはバット、ということなのだろう。このエピソードは清原の本心を表しているといっていい。

   更生が認められたとして、清原は球界に復帰できるのだろうか。

   厳しいようだが、プロ野球はまず無理だ。どの球団も指導者として迎えることはない。折しもプロ野球は今、野球賭博に端を発した一連の「円陣のご祝儀」問題で萎縮しており、このイメージダウンは計り知れないくらい大きい。とても表だって清原に救いの手を差し伸べる状況にはならない。

   ここ20年ほど、プロ野球選手の引退後の道は年々細くなっている。評論家、解説者の需要が激減しており、多くのOBが本数契約、スポット契約など、かつてのような専属契約はほんの一握りなのが実情だ。だからタレントとしての活動が増えているのだ。

   独立リーグはどうだろうか。これは可能性があると見ている。観客動員、選手育成などからすれば、清原はいい人材である。

   残るのは独自の野球指導だ。「清原教室」を立ち上げ、子供たちを指導するもので、子供にはやさしい清原だからうまくいくかもしれない。更生した姿を示すには少年野球指導は絶好の場だと思う。

   清原から野球を取り上げたら、生きる望みを絶つようなものだ。いずれにせよ、今後の道は険しい。高校時代の同僚、桑田真澄が言った「逆転ホームラン」を打つのは容易なことではない。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中