休載中の「美味しんぼ」、連載終了? 雁屋氏がブログで「最終回」構想

印刷

   人気漫画「美味しんぼ」原作者の雁屋哲氏が2016年3月22日、およそ3カ月ぶりにブログを更新し、同作の最終回を掲載して連載を終了させたい意向を明かした。同作は、漫画誌「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載されていたが、14年5月に東京電力福島第1原発事故にまつわるエピソードを掲載して以降、休載状態となっている。

   雁屋氏は今回の休載について「例の鼻血問題(=上記のエピソード)で各方面から圧力がかかったからではありません」と前置きし、「スピリッツ編集部、小学館は勿論、作者である私も、それ(=圧力)に屈することは絶対にありません」と宣言した。

   その上で「いくら何でも連載30年は長すぎだ」と感想を綴り、連載は終了していないものの「そろそろ終わりにしたいと思っています」と明かした。なお、詳しい終了時期は未定だという。

   最終回のストーリー構想について、「今までの登場人物総出演で、美味しい食べ物の話でどんちゃんどんちゃん楽しく騒いで大団円」と書いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中