「Wii U生産終了」? 報道錯綜と任天堂コメントでネット大混乱に

印刷

   任天堂が人気テレビゲーム機「Wii U」の生産を終了する、との報道がネット上を騒がせている。

   騒ぎを引き起こしたのは、「終了する」という報道そのものでなく、報道の「揺れ」。ある媒体で「終了する」と報じられた後、ある媒体で「終了しない」と報じられ、他の媒体では「終了する」と報じられる。そんな調子で、何が本当か分からない状況となり、ネットでは「いったい、どっちやねん」と混乱が一日中続いた。

  • 終わるの、残るの、どっちなの(画像は「Wii U」。By Takimata)
    終わるの、残るの、どっちなの(画像は「Wii U」。By Takimata)

日経報道が発端で...

   初報を出したのは2016年3月23日付けの日本経済新聞朝刊だ。「Wii U」の生産を年内にも終了し、今年中に新型ゲーム機を発表する。理由は人気ソフトが少なく、前機種の「Wii」に比べて販売が振るわなかったため。そう報じた。

   「Wii U」は2012年12月に発売された。任天堂公式サイトの「ハード・ソフト販売実績」によると、15年末までに全世界で累計1260万台を販売し、「Splatoon(スプラトゥーン)」「スーパーマリオメーカー」といったヒット作にも恵まれた。一方、06年12月に発売された前機種「Wii」は「ハード・ソフト販売実績」によると、15年末までに1億163万台販売している。双方を比較すると、日経が報じた「終了理由」にうなずけるところもある。

   しかし、ここから日経の報道を否定する報道が飛び出す。ニュースサイト「ねとらぼ」が同日、任天堂広報に取材した結果「当社からの発表ではない」「来期以降も生産は継続して行う予定」と回答された、と報じたのだ。その後、様々なニュースサイトが「『生産終了』の報道は事実でない」といった同社の回答を記事で紹介。ツイッターでは「デマは良くない」「新聞の報道もアテにならぬ」と日経報道を疑う声が寄せられ始めていた。

後追い報道と否定報道が続く

   かたや、これと並行して「生産終了」の記事も日経以外の媒体で報じ続けられていた。例えば、16年3月23日付け産経新聞電子版は、任天堂が「Wii U」の生産を年内にも終了する方向で調整している、報じた。

   これに続いて同日付け「日テレNEWS24」も、年内に発売される新型ゲーム機に経営資源を集中させるため「Wii U」の生産を終了する方向で調整している、と伝えている。記事を見る限りいずれも、任天堂広報への取材は経ているようだ。

   こうして「終了する」「終了しない」2つの記事が並立する形となった。このため、ファンはツイッターに

「どっちやねん」
「色々混乱して居る」

といった感想を寄せ、右往左往している。ただ一部のファンはM&A(企業合併)に例えながら、

「正式発表前に情報『漏れる』のが通例。その情報に対して否定や知らない旨のコメントを出すのも通例。その暫く後に正式発表、も通例。これは伝統芸です」(原文ママ)

と冷静に分析している。

   J-CASTニュース編集部が23日19時に任天堂広報部へ取材すると、日経報道を否定はしないながらも、「当社からの発表ではありません。来期以降も生産は継続して行う予定です」との答えが返ってきた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中