「イスラム国参加を決意」 トルコ当局、日本人男性を拘束

印刷

   過激派組織「イスラム国」(IS)に参加するためにシリアに向かおうとしたとして、トルコ軍警察は2016年3月22日夕方、日本人男性(24)をトルコ南部のガジアンテップで拘束した。3月23日、複数のトルコメディアが報じた。日本人がISに参加しようとして国外の治安当局に身柄を拘束されるのは初めてだとみられる。男性は取り調べに対して、「シリア人と電話で話し、IS参加を決意した」などと話しているという。男性は裁判所での手続き後、国外退去処分になる見通し。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中