川本真琴が地元から「ホラーすぎる」発信!? 加藤紗里と起きていた「本当の事態」とは

印刷

   お笑い芸人の狩野英孝さん(34)をめぐってタレントの加藤紗里さん(25)と「女のバトル」を繰り広げていたシンガーソングライターの川本真琴さん(42)が、自らの声で本格的に「終戦」を宣言した。

   すでに川本さんは、ツイッターで「仲良くしよう!」とツイートしていたが、本格的な「終戦宣言」の場に選んだのは、故郷の福井県の地方紙だった。

  • ツイッターでは3月21日に「ok仲良くしよう!」と和解を宣言していた
    ツイッターでは3月21日に「ok仲良くしよう!」と和解を宣言していた

動画の半分以上が騒動関連

   川本さんは、2016年3月21日、加藤さんが3月19日に投稿していた「いや~祝ブロック解除笑 ここまでの道のり...長かった」とのツイートを引用し、「ok仲良くしよう!」と投稿した。ただ、「投稿には別の意図があるのでは」などと勘ぐる声もあり、川本さんは

「ねえ、平和的解決することを頭おかしいとか気持ち悪いとか言う人って、逆になにがしたいの?そんな人らの言うことをいちいち気にする私がバカなのかな。いろいろあっても、仲直りする努力は必要だよ」

と反論していた。

   川本さんは福井市の出身。福井新聞のウェブサイトによると、ツイートから2日後の3月23日に福井新聞社を訪れ、3年ぶりの新曲「ホラーすぎる彼女です」をPRした。3月24日にウェブサイトに川本さんのインタビュー記事が掲載され、詳報は福井新聞の電子版「D版」で公開されている。これとは別に、インタビューの様子はユーチューブに動画でも公開された。動画の長さは5分16秒。インタビューの目的は「新曲PR」かと思いきや、動画の3分強が騒動関連の内容で占められている。

「ケンカしているみたいな状態じゃ全然なかった」

   動画での川本さんの発言によると、

「実際、騒がれてるほど(加藤さんのことを)全然知らないですよ。知らない方で、まったく関わりもなくて...」

   さらに、「言われてるほどケンカしているみたいな状態じゃ全然なかった」が、自分がSNSで書き込んだことで「そういう風に騒ぎになってしまっていた」と、半ば反省の弁を口にした。一連の騒動についても、

「1人の人を好きな人が私以外にも他の女の子にもいて...という話。その2人でなんか色々誤解があったりとかして、私もちょっと『そんな風に言われたらちょっと困る』っていうこともあったので、怒ったりしたときもあったんですけど、結局今のところは、私としては、もう色々あったことは水に流して...」

と振り返った。「怒ったりした」というのは、加藤さんのテレビ番組での発言に腹を据えかねて、3月9日に

「この方、いつまで嘘つくんだろう。いい加減やめてほしい。 私と狩野さんに対して失礼すぎる」

とツイートしたことを念頭に置いているとみられる。

   川本さんと加藤さんの和解も、ツイッター上のやり取りを通じて行われた。これは、「連絡先を知らないので、結局SNSしか伝える手段がない」ためだが、川本さんからすれば、これも

「公の人が見てしまうので、また色々周りの見た人が『これはきっと、ただ世間を騒がせたいだけなんだ』とか色々言うんですけど...」

と、新たな悩みの種になった。川本さんは

「今回すごく、SNS怖いなって思いましたね...!」

と、すっかり懲りた様子だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中