自民派閥総会で「巫女さんのくせに何だと思った」 北海道神宮で支援拒否された大西英男議員、またまた「問題発言」

印刷

   「マスコミを懲らしめろ」など失言続きだった自民党の大西英男衆院議員(69)が、またその発言で物議を醸している。

   「私の世話を焼いた巫女さんは、ちょうど20歳ぐらいだったでしょうか」。大西議員の発言が出たのは、2016年3月24日に開かれた自民党・細田派の総会で、司会のあいさつをしたときだ。

  • 公式サイトに謝罪コメントを出した大西英男衆院議員
    公式サイトに謝罪コメントを出した大西英男衆院議員

「自民党はあんまり好きじゃないんです」と返され

   大西氏はその2日前、札幌市中央区内の神社「北海道神宮」で、衆院北海道5区補欠選挙の党公認候補の必勝祈願をしており、神社の巫女にも支援を求めたという。しかし、発言によると、4月24日の選挙についてこの巫女は知らず、大西氏が「頼むよ」と言ったら、この巫女からは、「自民党はあんまり好きじゃないんです」と返された。

   このことを引き合いに出し、大西氏はあいさつの中で、「おい、巫女さんのくせに何だと思ったんですけど」と発言したのだ。

   それを聞いたほかの議員らからは、笑い声が沸き起こった。報道陣がその場にいたため、「やばいよ、やばいよ」との声も漏れたが、それでも、大西氏の弁舌は止まらなかった。

   巫女が公認候補の支援を拒否したためか、「巫女さんを誘って夜、札幌の夜でですね、説得をしようと思ったわけでございますけれど」ともぶっちゃけた。最後には、「今日は、マスコミがたくさんいる。決して懲らしめられないように、2012年当選議員は、清く正しく、たくましく、歩んでまいりたいと思います」と開き直るかのような言葉で締め括っていた。

   大西氏と言えば、都議時代などから「ヤジ将軍」と呼ばれるほど発言が物議を醸しており、衆院でも14年7月、当時の日本維新の会に所属していた上西小百合衆院議員(32)に「まず自分が子供を産まないとダメだ」とヤジを飛ばしたとして問題になっている。

ブログで「軽率な発言であったことを謝罪する」

   さらに、大西英男氏は、2015年6月25日の議員勉強会「文化芸術懇話会」で、「マスコミを懲らしめるには、広告料収入がなくなるのが一番」などと発言して、自民党執行部から再び厳重注意処分を受けている。

   今回の発言についても、ネット上では、「巫女さんに何て口を」「これセクハラじゃん」「面白くもないし不快だろ」といった非難が相次いだ。「笑いのネタとして発言してるだけ」と理解する向きもあったが、議員の辞職を求める声もあるなど厳しい意見が多い。

   自民党からも、発言を戒める声が出ている。谷垣禎一幹事長は3月25日の会見で「意味不明であって誠に不適切な発言」だと苦言を呈し、下村博文総裁特別補佐が大西氏に厳重注意する事態にまでなった。とはいえ、度重なる失言にもかかわらず、それ以上の動きは出ていないようだ。

   大西氏からあいさつで揶揄された巫女は、どのように発言を受け止めているのだろうか。

   北海道神宮の広報担当者は、J-CASTニュースの取材に対し、「事実関係が分かりませんので、この件については、コメントはありません」とだけ答えた。一方、大西氏の国会事務所では、巫女側から抗議などは特にないと取材に説明した。

   大西氏の公式サイトでは、25日夕にブログを更新し、「軽率な発言であったことを謝罪するとともに、関係者の皆様にお詫び申し上げます」と本人のコメントを載せた。しかし、辞職などは否定している模様で、「今後は、発言、行動により一層の注意を払い、議員として活動してまいります」としている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中