JRA16年ぶり女性騎手「菜七子フィーバー」でほくほく 騎乗すれば馬券売り上げ3割アップ

印刷

   日本中央競馬会(JRA)の所属騎手としては16年ぶりに誕生した女性ジョッキー・藤田菜七子騎手(18)がデビュー36戦目、地方競馬の浦和競馬場での第3レースで見事に初勝利を飾った。

   JRA所属の女性ジョッキーは菜七子騎手で7人目。2016年3月にデビューした他の5人の男性ジョッキーとともに、中央競馬ではまだ未勝利だ。インターネットでは、「土曜日は2Rなら可能性あるな...」などと、今週末(3月26、27日)にも中央競馬での「初白星」を、と期待が膨らんでいる。

  • 16年ぶりの女性ジョッキー「菜七子」人気でJRAもほくほく!
    16年ぶりの女性ジョッキー「菜七子」人気でJRAもほくほく!

ケイバ界では女性は圧倒的に不利

   2016年3月24日の浦和競馬場には、デビューしたばかりの藤田菜七子騎手をひと目見ようと大勢の競馬ファンが集まった。開門の10時20分を前に約450人のファンが並び、総入場者数は平日の平均約3500人を大きく上回り、約5000人にのぼった。また、売り上げは9億円を超え、16年度の1日平均より24.6%も増えたという。

   菜七子騎手が登場したのは第3レース。アスキーコード号にまたがった菜七子騎手は、1枠から勢いよく飛び出すとうまくペースを落として逃げ、そのまま2着馬に2馬身差をつけて押し切り、初勝利を収めた。

   続く第6レースのJRA交流レース「ツインエース特別」では、4番人気のウインアンビション号に騎乗。レースは中団の外側を追走して手応えよく直線を向くと、今度は追い込む競馬で2着馬に4分の3馬身差で、鮮やかな差し切り勝ちを決めてみせ、場内を大いに沸かせた。

   そんな菜七子騎手の騎乗ぶりを、熱心な競馬ファンはインターネットに、

「今日(3月24日)の2勝目はうまかった。とても新人とは思えない好騎乗だった」
「これで話題性だけでなくて、成績でも一気に今年の新人トップに躍り出たな」
「俺も凄いと思った。しかも全部狙ってやってる。初めてのコースなのにベテランみたいだったわ」

などと、多くの「称賛」の声を寄せた。

   新人ジョッキーにとっては、まずその日に騎乗する馬を確保するのもひと苦労。そのため、1日1勝するのもままならないなか、地方競馬とはいえJRAの新人ジョッキー、まして女性騎手が1日2勝することはめずらしい。

   また、一般的に筋力や心肺能力などの身体面から、女性騎手は男性騎手に比べて圧倒的に不利とされる。JRAは「どの騎手も勝ちたいですからね。レースでの騎手同士の駆け引きは厳しく、違反行為(進路妨害)すれすれのところで勝負していますから、デビューして間もない新人騎手と(ベテラン騎手と)の差は大きいものがあります」と、新人の女性ジョッキーが勝つことがいかに大変か、説明する。

JRAが力を入れる馬好き女子「馬女」

   そうしたなか、JRAも「菜七子フィーバー」に期待を寄せる。というもの、ここ数年来、JRAの売り上げはほぼ横ばい、競馬場への入場者数も微増微減を繰り返しているからだ。

   たしかに、菜七子騎手が騎乗するレースの馬券売り上げは伸びている。菜七子騎手のデビュー戦だった2016年3月5日の第2レースの馬券売り上げ(場外馬券売り場、電話投票を含む)は、約5億4000万円。15年の同日開催の第2レースと比べて32%も伸びた。未勝利戦のレースの平均売り上げが約4億円なので、1億円超も多いことになる。

   また、中山競馬場の入場者数は2万1953人で、15年の同日開催と比べて24.5%増。前週の土曜日(2月27日の開催)との比較では22.9%も増えた。

   まさに「菜七子サマサマ」だ。JRAは「日本の女性騎手は地方での活躍が目立つのですが、中央ではいま一つなので頑張ってもらいたい」と話す。

   さらに、JRAは競馬を趣味として楽しむ、馬好き女子の「馬女(ウマジョ)」を提唱。女性ファンの獲得に力を入れていることもあり、それにもひと役買うことを期待している。

   菜七子騎手のJRAでの成績は3月24日現在、22回の騎乗回数で、最高着順はデビュー戦で騎乗したネイチャーポイント号の2着(16頭立て)が最高。16年デビューした騎手の中では大健闘だ。

   菜七子騎手について、競馬ライターの瀬戸慎一郎氏は「新人ジョッキーは『勝ちたい』って気持ちが強すぎて、つい焦ってしまう。それが彼女の場合、意外に落ち着いていて、周囲がよく見えているようです。これって、すごく大事なこと。いまはとにかく1鞍でも多く騎乗して、スキをつける判断力を養っていけば、勝ち星はついてくると思います」とみている。

   インターネットには気の早いファンもいて、JRA初勝利どころか、早くも「30勝(JRAの規定で、G1 レースへの騎乗は通算30勝が必要)して、秋のG1には乗れないかな」といった声まで寄せられている。

   ちなみにJRAによると、新人ジョッキーのG1 レースの騎乗は、三浦皇成騎手がデビューして7か月と5日での騎乗が最速という。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中