2016年、日本のネットは「クイズ元年」 「バズる」コンテンツ競争の最新潮流

印刷

   「これからは画像の時代だ」「動画に対応しないと、もう生き残れない」「生放送こそが」「電子書籍なら」「専用アプリも」「仮想現実だ」――次のネットを制する、との鳴り物入りで、これまで多くのメディア、プラットフォームが、空振りとなったものも含め、私たちの前に姿を現してきた。

   そして今、日本へ本格的に上陸しようとしているのが「クイズ」だ。SNSとの相性の良さを生かした「バズる」コンテンツとして、この2~3年、海外で人気が急上昇中だ。2016年は国内でも専門サイトのオープン、大手ネットメディアの利用開始などの動きが相次ぎ、注目を集めている。

  • 「カラーIQ」クイズの結果をツイッターに投稿する人たち
    「カラーIQ」クイズの結果をツイッターに投稿する人たち
  • 3月30日にオープンする「トイダス」トップページ
    3月30日にオープンする「トイダス」トップページ
  • クイズサイトには、作成した問題をメディアやブログなどに貼り付けられるものも多い。画像は、トイダスのクイズを貼り付けたJタウンネット
    クイズサイトには、作成した問題をメディアやブログなどに貼り付けられるものも多い。画像は、トイダスのクイズを貼り付けたJタウンネット

突如ツイッターを席巻した、1問のクイズ

   2016年3月6日、日曜日。ツイッターの「トレンド」欄に、長らく一つの言葉が居座る現象が起こった。「カラーIQ」なるキーワードである。特に有名人がツイートしたわけでも、テレビで取り上げられたわけでもない。にもかかわらず、つぶやかれた回数は、前後3日間を合わせて、なんと4万件超に達する(Yahoo!リアルタイム検索のデータより)。

「やったー!!4%に入った!!」
「私も出来たぞ!やったね!」
「フォロワさんに触発されてやってみました!」

   ユーザーが競うように自らの「回答結果」を投稿したのは、クイズ投稿サイト「Playbuzz」に公開された「96%の人がこのカラーIQテストをパスできません(96% Of People Can't Pass This Color IQ Test)」という問題だ。色にまつわる問題を解いていくと、ユーザーの「カラーIQ」なるものを判定してくれる(その根拠は怪しいが)。このクイズの結果を、挑戦した回答者が相次いでツイートした結果、トレンド欄が占拠されたのである。

「バズフィードよりバズる」Playbuzzの衝撃

   Playbuzzは2013年12月、イスラエルで誕生した。クイズやいわゆる「性格診断(英語ではPersonality Quizとしてクイズ扱い)」、各種投票などをユーザーが投稿できる。「クイズ界のYouTube」とでも言うべき存在だ。事実、YouTubeと同じく他メディアの利用も積極的に推進している。

   クイズというコンテンツの形式自体は、別に新しいものでもなんでもない。むしろ古典的でさえある。だが、Playbuzzは、そのSNSとの親和性に着目した。すなわち上記の「カラーIQ」の一件のように、「ユーザーがクイズを解く」→「解いた結果を、ツイッターやフェイスブックで自慢する」→「それを見たフォロワーも興味を持ち、自分も解く」→「結果を投稿する」......といった具合に、回答されればされるほど、さらにその問題が拡散される=バズるという仕組みだ。

   Playbuzzは急成長を遂げ、2014年11月には、「1カ月間で最も、フェイスブックでシェアされたメディア」の地位を、米国のハフィントンポストやバズフィードから奪取した。これに対抗して、バズフィードも、独自のシステムを採用してクイズコーナーを開設し、人気企画となっている。こうした成功例を受け、複数の投稿サイトやメディアが参入、利用はますます拡大中だ。

日本でも本格的なクイズサイトが始動

   日本にも、「クイズ」の波が届きつつある。すでに2015年ごろから、クイズ・診断を売り物にした投稿サイトや専門メディアがいくつか誕生していたが、16年に入り、先ほども触れたバズフィードが日本上陸、クイズコンテンツの提供を開始した。1月20日の会見では、古田大輔創刊編集長もネット上のクイズ人気に触れ、自らのサイトの優位性に自信を示している。

   そして3月30日には、ジェイ・キャストによるクイズ投稿サイトとして「トイダス」がオープンした。ユーザーが自由にクイズ、性格診断などを作成でき、他サイトへの埋め込み機能なども生かして、企業やメディアなどの利用を見込む。

   スマートフォンの普及もあり、手軽に楽しめ、友人らと楽しさを共有できることが、バズるコンテンツの一つの条件となっている。クイズの強みは、この点にある。日本でもクイズをめぐって「バズ」を奪い合うメディア同士の競争が一層激しさを増すことになりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中