乙武氏、「参院選出馬」否定コメントを発表 当面は「家族優先」と

印刷

   複数の女性との不倫を週刊新潮に報じられた作家の乙武洋匡氏(39)が2016年3月30日、自民党から出馬が取りざたされていた16年夏の参院選について、

「様々なお話をいただいておりましたが、これまでもお答えしてきたとおり、出馬の意向はございません」

とするコメントを所属事務所を通じて報道機関に出した。不倫問題の影響で自民党が乙武氏の擁立を断念する方針が報道されたことを受け、出馬の可能性を改めて否定した。乙武氏はコメントの中で、

「今回の事態を受け、当面は仕事関係の活動を控え、家族と向き合う時間を最優先させていただいております」

と、当面は休業する意向も明らかにしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中