熊切あさ美「裏切るより裏切られた方が...」 愛之助&紀香結婚直前「意味深ブログ」の真意

印刷

   歌舞伎俳優の片岡愛之助さん(44)と女優の藤原紀香さん(44)の結婚がワイドショーをにぎわすなか、インターネット上で注目を集めたのが片岡さんの「元カノ」熊切あさ美さん(35)のブログだ。

   「裏切るより裏切られたほうが幸せ」「神さまは見てるから」――。結婚発表前夜に更新されたブログには、こんな意味深な内容がつづられていた。

  • 帝国ホテルで結婚会見を行った片岡愛之助さんと藤原紀香さん(2016年3月31日撮影)
    帝国ホテルで結婚会見を行った片岡愛之助さんと藤原紀香さん(2016年3月31日撮影)

「恨み節も出るわな」「過去はもう引きずらない方が」

   片岡さんと藤原さんは2016年3月30日、所属事務所を通じて結婚を発表した。同日、都内の区役所に婚姻届を提出したといい、2015年8月の交際宣言からわずか7か月での「スピード婚」となった。31日には帝国ホテルで記者会見が行われ、大勢の報道陣が押し寄せた。

   その直前の29日、「元カノ」である熊切さんは夜遅くにブログを更新していた。そこには、こんなことがつづられていた。

「事務所に感謝しなきゃ 親に感謝しなきゃ 親友に感謝しなきゃ 裏切るより裏切られたほうが幸せ 神さまは見てるから」

   何について書いたものなのかは一切明かされていなかったため、2人の結婚発表を受けての心境と捉えた人が少なくなかったようだ。

   遡ること10か月前の2015年5月――。女性週刊誌に藤原さんとの「同棲愛」を報じられた片岡さんは、ブログでこれを否定する一方で、2013年から交際していた熊切さんとは「すでに別れた」と周囲に説明していると報じられた。すると熊切さんはテレビ番組上で「別れ話になったことはない」と涙ながらに反論。これが「別れた」「別れてない」の泥沼破局騒動に発展した。

   当時のゴタゴタは未だ多くの人の脳裏にあるようで、ネット上には

「こういう流れだと恨み節も出るわな」
「そんなんだから、捨てられるんだよ」
「過去はもう引きずらない方がいいよ」

と同情から批判、アドバイスまで、さまざまな声が寄せられた。

2人へのコメントは「何もないです」

   ただし本人は、「意味深ブログ」は2人の結婚と無関係だと釈明している。

   31日昼すぎ、「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)の直撃取材に応じた熊切さんは「たまたま仕事で事務所に感謝して、これからもがんばろうって気持ちで書いたら、たまたま時期がかぶってしまった」と説明、「すみません、ややこしいですよね」と苦笑した。結婚についてはテレビのニュースで知ったという。

   番組記者から感想を聞かれると「普通におめでたいことなんで、『おめでとうございます』としか思わなかったです」とアッサリ。2人へのコメントは「何もないです」としつつも、カメラ越しに2人へ手を振るよう求められると、「そうですね、おめでたいことなんで」と戸惑いつつも笑顔で応じた。

   そんな熊切さんの理想の男性は「誠実な人」だという。直撃取材では「誠実な方であれば、どんな方でもいいです」とまで言い切っていた。

   ちなみに31日未明に更新したブログでも、GACKTさん(42)のライブに行ったことを報告する中で「爽やかで紳士で誠実な人が一番だね」とコメントしていた。

   破局騒動の際には、ネット番組で「自分だけを守ろうとして、自分に有利な発言ばかり繰り返すのを見て、尊敬の気持ちや愛情がなくなった」と片岡さんを痛烈にけなしていた熊切さん。直撃取材ではふっ切れた態度を見せていたが、ネット上では「誠実な人」にひたすらこだわる姿勢に、片岡さんとの騒動を重ねる意見は少なくない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中