「情熱持って作れば番組は偏る」 古舘氏が「報ステ」ラスト出演

印刷

   テレビ朝日の報道番組「報道ステーション」のキャスターを2004年4月の番組開始から務めてきた古舘伊知郎氏(61)が16年3月31日の放送で最後の出演をした。古舘氏は、番組の最後に7分間にわたって発言した。自らの当初の番組に対する期待を

「『もっともっと普段着で、ネクタイなどせず、言葉遣いも普段着で、ざっくばらんなニュース番組を作りたい』と真剣に思ってきた」

などと振り返りながら、それと対比させる形で、最近は「窮屈になってきた」と指摘。その上で、

「情熱を持って番組を作れば、多少は番組は偏る。しかし、全体的に程よいバランスに仕上げ直せばいいのではないかという信念を持っている」

と持論を展開した。後任は同局の富川悠太アナウンサー(39)が務める。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中