「4月ばか」ネタが笑えない事態に 乙武、ショーンKをここまでイジったサイト

印刷

   映画関連情報を配信するウエブサイト「映画.com」が2016年4月1日、公開したばかりのエイプリルフール特設ページを「悪ふざけがすぎた」として削除、謝罪した。

   映画「オデッセイ」のプロモーションという体裁だったが、日本の芸能スキャンダルや「暴言王」ドナルド・トランプ氏まで「素材」にする「ぶっ飛び」ぶり。ネット上の評価が賛否両論に分かれていた。

  • 「悪ふざけがすぎました」と反省(画像は「映画.com」が掲載した謝罪文)
    「悪ふざけがすぎました」と反省(画像は「映画.com」が掲載した謝罪文)

「70億人が彼の絶倫にびっくりぽん」

   「オデッセイ」は火星に1人置き去りにされた宇宙飛行士の奮闘を描く作品。16年2月に日本でも公開された。ポスター画像に記されたキャッチコピーは「70億人が彼の還りを待っている」だ。

   「映画.com」のエイプリルフール企画特設ページでは、同作に主演したマット・デイモンさんの顔部分や上記コピーを改変したコラージュ画像が並べられた。

   1つ目は「70億人がホラッチョの還りを待っている」。「素材」となったのは、 学歴や経歴の詐称疑惑を3月24日発売の「週刊文春」(3月31日号)に指摘された経営コンサルタント、ショーン・マクアードル川上さんだ。画像では、マットさんの顔がショーンさんの顔に入れ替わっている。

   そして、すぐ下には「彼の英語力ならNASAとの交信も問題なし。NASAのPCにもインテル入ってるし!」との一文が付け加えられている。ショーンさんのあだ名「ホラッチョ」や「インテル」のCMへの出演歴を前提にしたジョークだろう。

   その下には、アメリカ大統領選の共和党候補で、その「暴言」がたびたび物議を醸すドナルド・トランプ氏、「週刊新潮」(3月31日号)に女性5人との不倫を報じられた作家・乙武洋匡さんの顔を用いたコラージュ画像も掲載されていた。

   改変後のコピーも

「70億人が彼の落選を願っている」
「70億人が彼の絶倫にびっくりぽん」

とやりたい放題だ。

編集長名で謝罪メッセージ

   そして最後に、アプリ「Snapchat」で目を大きく加工したベッキーさんの顔写真と「ベッキーさん、使っていますよね? チャットが自動で消えるアプリ、Snapchat」という一文を付けた。あの「不倫LINE」流出騒動を揶揄するような書きぶりだ。

   映画の内容に一切触れない「斬新すぎる」プロモーション手法に、ネット上の評価は分かれた。

「攻めていて好き」
「ふざけ具合嫌いじゃない」

と好意的な声もみられる一方、

「あれはやりすぎだ」
「品がなくて笑えない」

との批判も相次いでいる。どちらかといえば後者が多い印象だ。

   事態を察知したのか「映画.com」は16年4月1日午後、特設ページを消去し、駒井尚文編集長の名前でメッセージを掲載。

「少し悪ふざけがすぎました。皆さまには不愉快な思いをさせてしまい誠に申し訳ございません」

と謝罪した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中