【震災5年 絆はどこに(最終回)福島県相馬市、南相馬市】
ふるさとのありのままを知って欲しい 高校・大学生「手作り」被災地ツアー

印刷

   東日本大震災で津波と原発事故の2つの大災害が直撃したのが、福島県相馬市や南相馬市を含む太平洋沿岸の「相双地域」だ。震災から4年余りが過ぎた2015年4月、この地域の高校生を軸に、被災地の現在の姿について情報発信するプロジェクトが始動した。

   初めて立てた企画は、福島県内外の若者参加者を募っての被災地バスツアーだ。ふるさとのありのまま、本当の姿を見せたいという願いを込めた。

  • 高校生リーダーの松本光基さん(左)と、大学生リーダーの田村裕亮さん
    高校生リーダーの松本光基さん(左)と、大学生リーダーの田村裕亮さん
  • バスツアーで訪れた南相馬市の「かしまの一本松」
    バスツアーで訪れた南相馬市の「かしまの一本松」

自分たちの言葉で震災経験や将来のふるさとへの思いを語ろう

   福島県相馬市にある相馬市民会館に2015年8月8日、1台の観光バスが到着した。出迎えた高校生のひとり、松本光基さんは2015年4月にスタートした「相想(そうそう)スマイルプロジェクト」の高校生リーダーだ。

   同プロジェクトは高校生が中心となり、被災地域の再生支援活動を目的としたもの。運営にあたっては、大学生の有志メンバーやNPO法人「市民公益活動パートナーズ」がサポートする。プロジェクト立ち上げから4か月ほどで実施したのが、この1泊2日の相馬・南相馬スタディーツアーだった。

   南相馬市出身の松本さんは、震災当時は小学6年生。津波が学校の校舎の近くまで迫ってきたという。何とか収まったころに母親が迎えに来て自宅に戻り、生活上最低限必要なものを手に高台にある祖母の家に向かった。ひと息ついたのもつかの間、東京電力福島第1原発の事故が起きる。3号機の水素爆発で、今度は父の単身赴任先の栃木県に一家全員避難を余儀なくされた。2011年4月に現地でいったん中学校に入学し、7月に南相馬に戻ってきた。

   中学校では生徒会に参加、地元の高校に進学してからは生徒会活動に加え、学外の高校生団体にも所属する行動派だ。自分たちの手で被災地の情報を発信できる「相想スマイルプロジェクト」を知ると、興味を持った。「やれることは何でも挑戦しようと考えていました」と、迷わず参加を決めた。

   プロジェクトの推進にあたっては大学生やNPOメンバーがバックアップしてくれるが、あくまで主役は高校生だ。何を伝え、知ってもらうか――。松本さんとメンバーは知恵を絞った末、全国の高校・大学生に、被災地である相馬に来てもらい、自分たちの言葉で震災の経験や将来のふるさとへの思いを語ろうと、バスツアーを提案した。

SNSだけでは分からない「見て感じるツアー」

   バスツアーの実施には、多くの準備作業が伴う。予算の配分、ツアーコースの組み立て、バスや宿泊施設の手配、参加者募集の諸手続き、細かな書類の作成や提出――。もちろん、要となる企画そのものも短期間で細部を詰めていかねばならない。こうした面で高校生を支えたのが、年齢の近い大学生チームだった。

   学生リーダーの田村裕亮さんは飯館村出身で、自らも被災者だ。震災当時高校2年生だったが、通っていた高校は転校するしかなかった。卒業後は福島大に進学し、「地元の役に立ちたい」との思いを持ち続けてきた。

   高校生のアイデアを上手に引き出す役割を担ったが、田村さん自身こうした経験は初めてで、簡単ではなかったという。NPOスタッフと連携しながら、実現可能性を高めるために高校生と一緒になって企画を煮詰めていった。

   高校生リーダーの松本さんにとっては、ツアーを通して自分の故郷を同世代の若者にこう感じて欲しいと望んでいた。「震災を『悲しいこと』で終わらせず、これから生きていくための知恵としてもらいたい。また、相双地域のよいところも悪いところも全部知ってもらいたい。そのうえで、この街を好きになってもらいたい」。SNS(交流サイト)上だけでは分からない、見て感じるバスツアーの実施を喜んだ。田村さんも、「実際に自分の足でその場所に行かないと、感じ取れないことがあります。高校生のアイデアに大いに共感しました」。

   「高校生が考えた旅」とチラシに書かれたツアー内容は、盛りだくさんだ。1泊2日で、参加者はまず相馬市内を歩きながらプロジェクトメンバーのガイドを受ける。さらに地元漁港で漁業に携わる男性から現状を学び、実際に魚の放射能測定の現場を見せてもらう。宿泊先の旅館では、女将から震災体験を聞く。津波で唯一残った南相馬市の「かしまの一本松」や、大型太陽光発電施設を見学する。開催時期は8月上旬の夏休み真っ最中に決まった。「大勢来てほしい」と意気込んで募集したが、感触はいまひとつ芳しくなかった。

   田村さんは、個人的にも大学キャンパスで学生に声をかけてみたが、思わぬ反応の鈍さに戸惑った。もしかしたら、「怪しげな団体」の活動と勘違いされて、参加を見送った人がいるかもしれないとまで感じた。

   当日参加したのは、プロジェクトのメンバーを除けば、福島県外の高校生2人、県内高校生1人、宮城県と福島県の大学生7人の合計10人だった。

人とつながり、伝え合う大事さを学んだ

   参加人数は当初予定より少なかったかもしれない。だが、実際に「被災地の今」を見た高校・大学生参加者には、その印象は強く心に刻まれた。東京から参加した女子高生は、フェイスブックに長文で福島への思いを寄せてくれたと松本さんは話す。「『ツアーが本当に楽しかった。また行きたい』とも書いてくれたのです」。郡山市から来た男子高生の場合、旅館で松本さんと一緒に風呂に入りながら「同じ福島に住んでいるのに、相馬がこうなっているとは知らなかった」と話してくれた。

   手作りのツアー、しかもメンバーの誰もが初めての経験で、課題は残っただろう。だが、それを上回る成果や手ごたえを感じたに違いない。田村さんは、「人とつながり、伝え合う大事さを学びました」と語る。震災後、飯館村を離れて友人と別れ、精神的な動揺も小さくなく、「自分から何かをやろうと動けない時期もありました」。プロジェクトの参加を通じて、福島の被災地の人々が努力して復興に向かっている姿を伝える大切さを実感したという。しかも一方的な発信ではなく、実際に参加してその目で見てもらうことにより共通理解が生まれるのだと、田村さん自身バスツアーから気づきを得た。松本さんの場合、自身が故郷について伝える立場にありながら、地元について改めて発見したことも少なくなかった。

   プロジェクトはその後も続いた。2016年1月17日には、福島市内で震災や原発事故のドキュメンタリーや、県内の高校生が制作した震災をテーマにした映像の上映会を開催した。上映後に「ふくしまの明日をつくる」と題したトークセッションを行い、参加者全員でふるさとの未来について考えた。この日は、主に県内から15人が参加し、うち11人は社会人だった。

   1年間のプロジェクトを「完了」した田村さんは、4月から新社会人として新たな環境に身を置く。松本さんは受験生だ。忙しくなるが、それでもこうした活動は大学進学後もずっと続けていきたいと話した。(おわり)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中