女子中生誘拐事件、容疑者「父親お詫び」が物議 「謝罪相手違う」「親が謝る必要ない」

印刷

   埼玉県朝霞市の女子中学生が約2年ぶりに保護された事件で、未成年者誘拐の疑いで逮捕された寺内樺風容疑者(23)。その父親とみられる男性が、自身が経営する防犯グッズ販売店のホームページ(HP)上で「お客様、お取引先様をはじめとする関係者の皆様」に対するお詫び文を掲載した。

   スポーツ紙などが2016年4月1日に報じたこのニュースが、いまネット上で物議を呼んでいる。ツイッターやネット掲示板などでは、「被害者に謝れ」「謝罪する相手を間違えてる」との指摘が上がる一方で、「成人の犯罪を親が謝る必要ない」「親には何の関係もない」と疑問を呈するユーザーもいる。

  • 逮捕直後、報道陣が多数詰めかけた寺内容疑者のアパート前
    逮捕直後、報道陣が多数詰めかけた寺内容疑者のアパート前

実家の防犯グッズ店「当面の営業を自粛させていただきます」

   寺内容疑者の父親とみられる男性は、遅くとも2016年3月31日時点で「謝罪文」を掲載していた。「弊社近親者に関する報道についてのお詫び」と題した文章で、経営する防犯グッズ通販専門店のHP上に、

「弊社近親者に逮捕状が出され身柄が確保されたという報道がございました。お客様、お取引先様をはじめとする関係者の皆様には、多大なるご心配とご迷惑をおかけしておりますことを、深くお詫び申し上げます」

と書き込み、さらに

「このような事態を招いた責任を重く受け止め、当面の営業を自粛させていただきます」

としている。末尾には、寺内容疑者の父親とみられる男性の名前が掲載してある。

   4月2日現在、HPにはお詫び文だけが表示されており、通販用のページにはアクセスできない状態だ。

   16年4月1日夜の日刊スポーツ電子版は、このお詫び文を「寺内容疑者の父親」が発表したものと断定。「被害者と被害者家族への謝罪の文言は一切書かれていない」「父親として責任については触れていない」などと批判的に取り上げた。

「成人」の犯行で、なぜ親が出てくるのか

   こうした日刊の報道を引き金として、ネット上では「父親のお詫び文」について賛否両論の意見が相次ぐことになった。ツイッターやネット掲示板を見ると、

「被害者と家族にわびるべき。謝罪する相手を間違えてる」
「父として少女の親御さんに手紙の一つも書くのが筋」
「取引先に謝る前に被害者に謝れよ」

などとして、お詫び文の内容に批判的な意見が目立った。だが、その一方で、

「成人の犯罪を親が謝る必要ないでしょ」
「お父さんが犯罪をしたわけじゃない」
「犯行時もう成年だったんだろ。なぜ父親が出てくるんだ」

などと、「父親が責任を取る必要はないのでは?」と疑問を呈するユーザーも少なくない。

   また、お詫び文が発表された場所が「防犯グッズ専門店」のHPだったことから、「防犯グッズ屋の息子が誘拐犯だなんてすごい皮肉だな」とのコメントも流れている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中