東スポ特報「壇蜜、自民出馬」は本当にないのか 「するわけないじゃないですか~!」本人否定の今後

印刷

   各党が2016年夏の参院選に向けた「目玉候補」の擁立に難儀する中、思わぬ名前が浮上した。タレントの壇蜜さん(35)だ。30歳近くになってグラビアでブレイクした異例の経歴で、最近では防衛省の広告など「堅め」の露出も多い。

   スポーツ紙に1面で「擁立へ」と報じられ、本人は「するわけないじゃないですか~!」とかわしたが、選挙直前まで「出ない」と言い続けるのが目玉候補出馬の常でもある。

  • 壇蜜さんはJAなど「お堅い」系の仕事もこなす
    壇蜜さんはJAなど「お堅い」系の仕事もこなす

自民党のタレント候補選びは「挫折」続き

   16年夏の参院選で、自民党の芸能系候補者選びでは挫折が続いている。2月には元SPEEDの今井絵理子さん(32)を全国比例区で擁立することを決定。「ワーキングマザー」のイメージで売り込む考えだったが、直後に交際相手の存在が発覚するとともに、その男性が過去に違法に風俗店を経営したとして逮捕されていたことも明らかになった。今井さんは男性について

「更生してきちんと生きていってもいいんじゃないでしょうか。今後を見つめ、見守って支えていってあげるのが、私の生き方です」(16年3月14日、産経新聞)

と話している。「今井さんが男性を更生させた」という「美談」の体で乗り切りたい考えだが、出馬が最初に報じられた時の印象と比較すると出鼻をくじかれた感は否めず、党内には「やっぱり擁立を断念すべき」との声もくすぶっている。

   作家の乙武洋匡さん(39)の擁立に向けた動きも進んでいたが、複数の女性との不倫関係を週刊新潮が報じたため、断念。乙武さんも3月30日に「出馬の意向はございません」とのコメントを出した。

   タレントの菊川怜さん(38)が東京選挙区から出馬するという情報もあった。だが、菊川さんはレギュラー出演しているフジテレビの「とくダネ!」を16年度も続投している点を踏まえると、出馬の目はなくなったとの見方がもっぱらだ。

6年前は「5月」に大物女性が相次ぎ出馬表明

   そんな中で、東京スポーツが4月2日発売(3日付)の1面トップで、自民党が壇蜜さんに「白羽の矢を立てている」と報じた。その背景として、(1)壇蜜さんが防衛省やJR九州やJA全農あきたなどのキャンペーンに起用され「お堅い系」の仕事もこなしている(2)仮に東京選挙区から出馬した場合は、民進党の蓮舫代表代行(48)の有力な対抗馬になり得る、といった点を指摘している。

   ただ、現時点では壇蜜さんは出馬を完全否定している。4月3日にTBS系で放送された「サンデー・ジャポン」の番組終了10秒前のコメントで、爆笑問題の田中裕二さん(51)が

「なんか出馬するっていう噂(を新聞が)が出してるよ。なんか新聞に出てたけど」

と水を向けると、

「するわけないじゃないですか~!エイプリルフールは2日前に終わってますよ!」

と笑顔で否定し、番組は終わった。

   4月2日の東スポの記事でも

「(出馬は)ないです。(自民党からのオファーも)ないです」

というコメントを載せる一方で

「公示日まで何があるか分からない」

とまとめている。

   2010年7月の参院選では民主党(当時)から立候補した谷亮子氏、自民党から立候補した三原じゅん子氏のタレント候補が当選したが、いずれも出馬の表明は5月だった。

   確かに、何があるかわからない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中