「羽生と握手」写真をテン選手が公開 インスタに添えられた意味深メッセージとは

印刷

   フィギュアスケート世界選手権の公式練習中に起きた「妨害騒動」について、羽生結弦選手(21)とデニス・テン選手(22)が和解したようだ。

   テン選手は自身のインスタグラムで2人の握手写真を公開。「何が起きたのか、なぜ起こったのかはもう問題ではありません。空は平和です」などとつづった。

  • カメラに向かって2人で握手(画像はデニス・テン選手のインスタグラムのスクリーンショット)
    カメラに向かって2人で握手(画像はデニス・テン選手のインスタグラムのスクリーンショット)

誹謗中傷にも悩み...「もっと大切なことについて考えて」

   2016年3月30日(現地時間)の公式練習中、羽生選手が曲をかけて滑走していると、進路上でテン選手がスピンをしていたため、羽生選手は声を荒げて注意。ショートプログラムの演技後には「たぶん故意だったと思う」と述べた。一方のテン選手は故意であることを否定し、「よくあること」と反論していた。

   そうした中、羽生選手は4月3日(現地時間)、テン選手と「和解」したことを報道陣に明かした。

   複数メディアによれば、「彼自身苦しさもあっただろうし、もちろん僕にもあった」「この試合で和解したいと思っていたので、握手してお互いに気を付けようと話した」などと説明したという。

   5日には、実際に握手をしている場面の写真がテン選手のインスタグラムに投稿された。カメラに向かってともに微笑みながら、しっかりと握手を交わしている。あわせて文章も掲載しており、

「What it was and how it happened, it no longer matters. The sky is peaceful(「何が起きたのか、なぜ起こったのかはもう問題ではありません。空は平和です)」

などとつづった。

   騒動をめぐり、自身に対する脅しや人種差別的な誹謗中傷が数多く寄せられたことも明かしていたテン選手。5日の投稿では「Think about something more important. Like parents, for example.(もっと大切なことについて考えてみてください。たとえば両親のことのように)」とも訴えた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中