5年と4日ぶり【福島・いわき発】

印刷

   カミサンがシャプラニール=市民による海外協力の会のいわき連絡会代表をしている。震災後、評議員になった。おととい(3月30日)、同じ評議員の大橋正明さん(聖心女子大教授)から電話が入った。「あした朝8時半におじゃまする」。大橋さんがわが家へ来るのは5年と4日ぶりだ。3月のカレンダーが5年前と同じなので、簡単に日数がわかる。

news_20160405170446.jpg

   最初は震災直後の3月27日にやって来た。シャプラはすでにいわき市で緊急支援を続けていた。私ら夫婦が一時避難から帰宅した直後、連絡が取れて、当時、副代表理事だった大橋さんら3人が来訪した。その日、一緒に市内を巡り、中長期的なシャプラの支援方針がかたまった。

   シャプラはそれから半年後、交流スペース「ぶらっと」を開設する。シャプラとしては3年の活動予定だったのが、2年伸びて5年になった。「ぶらっと」はこの3月12日、4年半の活動を終えた。きのう、後片付けがすべて終了したので、夜、私ら夫婦とスタッフ2人の4人で会食した。

   きのうは、その意味では活動が完全に終了し、スタッフが撤収する区切りの日だ。その日の朝に、5年と4日前、いわきでの生活支援を決めた大橋さんが現れるとは――。

   夏に福島市の高湯温泉で友人夫妻と懇親会を開く。県内も巡る。その下見だという。奥さんが一緒だった。いわきに一泊し、国道6号から浪江町に入り、飯舘村~福島市というコースで浜通りを北上中、わが家へ立ち寄った、というわけだ。ちょうどシャプラのスタッフも来たので、記念写真を撮った=写真。

   元シャプラスタッフの大橋さんは南アジアを中心に、日本のODAとNGO、インドの被差別カーストの人々などを研究テーマにしている。NGOを支援するNGO「国際協力NGOセンター」(JANIC)の前理事長でもある。先日、インドから帰って来たばかりだ。

   この5年、シャプラと大橋さんらを介して、国内外のNGO関係者や大学の先生らと会って話す機会が増えた。地震や津波被災者、原発避難者とホームコミュニティ(受け入れ地域社会)の関係について、考えを深める契機になった。

   時に、シャプラもいわきで災害支援の経験を積み、知見を深めた。昨年4月25日に発生したネパール大地震では、バングラデシュに出張中の大橋さんらがインド経由で緊急支援に入った。

   現在は コミュニティラジオ局と一緒に「ぶらっと」と同じコミュニティセンターの運営に取り組んでいる。学校帰りの子どもたちが立ち寄って過ごしたり、テント暮らしの人々が疲れをいやしたりする場になっているという。

   ついでながら、シャプラがらみでというか、そこから波及した野次馬的興味にすぎないが――。「バガボンド」や「宇宙兄弟」などを担当したマンガ界のスーパー編集者がいる。日本の駐バングラデシュ大使と同じ苗字だ。顔もなんとなく似ている。親子か? 大使をよく知る大橋さんに聞くと図星だった。

   大使は外務省の局長時代、休日を利用していわきを訪れた。引率の大橋さんに頼まれて、途中から津波被災地を案内した。5年と4日の間にはそんなこともあった。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中