「ラブライブ!」声優に「AV出演の過去」報道 ネットでは「ホクロの位置や歯並び」を「検証」する人々も

印刷

   アニメ、音楽ともに記録的ヒットを放った「ラブライブ!」。声優たちで結成したアイドルグループ「μ's(ミューズ)」は昨(2015)年暮れのNHK紅白歌合戦に初出場。16年3月31日と4月1日に行われたファイナルライブは東京ドームを満員にした。その「ラブライブ!」、主役の高坂穂乃果を演じ、「μ's」のセンターである新田恵海さんが過去にAV(アダルトビデオ)に出演していたとの報道が出た。

   事務所はそれを否定。ネット上の意見は現在のところ、デマだ、新田さんに間違いない、事実を認めこれからも応援していこう、など大まかに3つに分かれているようだ。

  • 週刊アサヒ芸能が報じた「2015年紅白出場アイドル本番AV出演過去!」。えみつんは本当に出演していたのか?
    週刊アサヒ芸能が報じた「2015年紅白出場アイドル本番AV出演過去!」。えみつんは本当に出演していたのか?

事務所は「本人ではないという結論に至りました」

   新田さんのAV出演疑惑を報じたのは「週刊アサヒ芸能」の最新(16年4月14日)号。タイトルは「紅白出場アイドルが封印した『本番AV出演』アルバイト」となっている。AVに出演していたという噂はもともとあり、「μ's」のブレイクとともに拡散していたのだという。タイトルは「素人図鑑 File-07」で、現在動画を配信しているDMMの説明によれば発売は08年12月2日。複数のAV嬢が出演するオムニバス作品で、その中の一人が新田さんだと指摘している。J-CASTニュースが実際に動画を買って見ると、新田さんに見えなくもないが、7年以上も経っていることもあり、よく分からない。

   AVに出演した女性は、自分を「ミク。20歳です」と自己紹介している。仮に新田さんだとすれば、AVの発売日から類推すると23歳くらいになる。新田さんは長野市出身で、プロフィールによれば市内の進学校を卒業し音楽大学に進みミュージカルに打ち込んだ。卒業後は歌手を目指し、09年3月に現在所属している芸能事務所「S 」の新人アーティストオーディションに応募しグランプリを受賞した。声優デビューは10年4月で、大ヒットした「ラブライブ!」プロジェクトにはこの年から参加し、「μ's」のファーストシングル「僕らのLIVE 君とのLIFE」が10年8月13日に発売されている。

   「週刊アサヒ芸能」が新田さんのAV出演に関する記事の予告を16年4月4日に公開したことで大騒ぎになった。ネット上では、AV画像と現在の新田さんの写真の検証が始まって、中には、歯並び、ほくろの位置などが「一致」したとし、声も「ラブライブ!」の高坂穂乃果と「同じ」だとしてこのAV嬢は新田さんに間違いない、などと主張する人も現れた。所属事務所の「S」はこうした騒ぎに対し、4月5日、

「新田恵海本人に確認したところ、当該の記事とみなされている人物は、本人ではないとの話でございました。それを受け事務所で調査をしている最中ではありますが、新田恵海本人ではないという結論に至りました。今後の対応に関しては弁護士と相談中です」

という説明を公式ホームページ上で行った。

「結果がどうあれファンであることは変わらない」

   この発表を受け安心したファンは、

「事務所の公式発表。安心した。こんなに多くのライバーが応援してる、きっとμ'sのみんなは最初から微塵もえみつんを疑わなかっただろうな 出版社は覚悟しろ。ラブライバーを敵に回したことを」
「出たとされるのは音大の院生時代。つまり受かったオーディションの直前だという。この時えみつん23歳。で、件のビデオの女性。インタビューで『20歳』と発言。いきなり合わないんだけど」
「本人が否定してんだからソックリさんだろ、 まじ名誉毀損で訴えようよ えみつん反撃はよ」

などと大喜びすることとなった。しかし、本人に間違いないという声も多く、

「結果がどうあれ、えみつんのファンであることは変わらない」

として、現実を受け止めてこれまでと変わらない応援をしていこう、という呼びかけもネット上で行われている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中