看護師が盗んだ患者の「35万円」に妙な関心が 「なぜ財布にこんな大金を?」取材してみたら...

印刷

   兵庫県尼崎市で男性(63)が病院に救急搬送された。この男性は入院する事になったのだが、検査と治療が終わり預けていた持ち物が返された時に財布に入れていた約35万円が無くなっていた。監視カメラの映像などを調べたところ、盗んだのは病院の正看護師の男(40)だったことが分かった。

   命を預けている担当看護師に所持金を盗まれるというのはショッキングな出来事だが、ネット上では35万円入りのパンパンな財布が手元にあったら変な気になる可能性もある、などと、妙な関心も高まっている。

  • 財布に入れていた35万円が無くなる。容疑者は荷物を預けていた病院の正看護師の男だった(写真はイメージ)
    財布に入れていた35万円が無くなる。容疑者は荷物を預けていた病院の正看護師の男だった(写真はイメージ)

救命救急センターの監視カメラに映っていたもの

   兵庫県警尼崎南署にJ-CASTニュースが取材したところ、事件が起きたのは2016年3月1日。午前11時ごろ、病気で男性が兵庫県立尼崎総合医療センター内の救命救急センターに救急搬送された。検査のため衣服を着替えて持ち物などを担当する看護師に預けた。検査と治療はその日の午後6時半ごろまで続き、入院することになった。そして衣服や持ち物が返されたが、財布の中にあった約35万円が全部無くなっていることに男性が気づいた。

   尼崎南署が監視カメラの映像を調べたところ、奇妙な動きをしている男が映っていた。それが男性の衣服や荷物を預かっていた看護師の男だった。尼崎南署は窃盗容疑で16年4月5日に逮捕し、動機について捜査中だという。

パンパンな財布を見せられたら目がくらむことも...?

   財布からお金を担当の看護師に抜き取られるというショッキングな出来事に、ネット上で驚きが広がる中、なぜ男性は大金を財布に入れていたのかあれこれと詮索が始まった。こんなにパンパンな財布を見せられたら目がくらむこともあるのではないか、とし、

「すげぇ分厚い財布だな」
「いくら何でも空になるまでは取らないだろうから100万位入ってたのかね?」
「犯人特定出来るのにやる方も、35万も持ち歩く方もアレだな」

などといった書き込みが掲示板に出た。この男性の職業が板金工だということで、集金の帰りだったのではないか、一人親方ならこれくらいの現金は持ち歩く、こうした職業の人は現金主義だ、などといった勝手な予想が流れた。

   なぜこんな大金を持っていたのか。

   尼崎南署に疑問をぶつけてみたところ、この男性はこの日が給料日だったのだという。給料といえば銀行振り込みというイメージがあるが、男性が働く会社では現金支給になっているのだそうだ。つまり、給与が支給され財布に入れたところ、急に疾病で倒れてしまった。救急搬送された病院で入院を言い渡された。しかも給料が財布から抜き取られた。男性にとってとんだ厄日になってしまったようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中