「赤ちゃんをベッドから落としたけど、妻に気づかれずに安心」 リクルート系メディアの「育児体験談」が大炎上

印刷

   落下したのがただのモノなら、ここまで強い批判は受けなかっただろうが――妊娠、出産、育児にまつわる体験談を集めたリクルートのウェブメディア「赤すぐ みんなの体験記」(以下「赤すぐ」)の記事がちょっとした「炎上」状態となっている。

   体験談を寄せたのは「イクメン」を自認する40代男性。妻から子どもの世話を任されている最中、子どもをベビーベッドから落下させてしまう。幸い、すぐに泣きやんでくれたため、妻に落下事故を気付かれず安心した――。そんな内容だ。公開後、夫婦間で出来事を共有しようとしていない、自分の保身ばかり考えている、といった趣旨の批判がツイッターに殺到。「赤すぐ」編集部が記事内容を訂正、謝罪する事態に発展した。

  • もし落としたら、どうすれば良かったの(画像はイメージ)
    もし落としたら、どうすれば良かったの(画像はイメージ)

「妻に殺される」

   問題となっているのは2016年4月3日に公開された記事「背後から鈍い音、続いて泣き声!...妻には知られちゃならない落下事故」だ。7日14時までに「背後から鈍い音、続いて泣き声!...無事でよかったけど肝を冷やした落下事故」へタイトルが変更されている。

   外出中の妻に代わり、寝返りをうち始めたばかりの息子を子守りすることになった筆者。しかし、おむつを替え終わった直後、息子がベビーベッドから落下するハプニングが起こる。床にうつ伏せとなり、案の定「烈火のごとく」泣き始めた。「打ちどころが悪かったらどうしよう」「後遺症が出てきたらどうしよう」「妻に殺される」と焦りつつも、頭をなでたり背中をさすったりしていると、すぐに泣き止んだ。

   ここで安心した筆者は、帰宅後「大丈夫だった?」と聞く妻に「うん、全然大丈夫だったよ」と嘘をついてしまう。記事中では嘘を謝罪する素振りも見せず、最後に「ベビーベッドの冊を上げ下げするのは多少面倒ですが、数秒でも目を離す場合は、きちんと上げましょう」と他人事のように「教訓」をつづっている。

   子供に関する情報を妻と共有せず、付け足した「教訓」もややピントがずれている。一方、筆者はプロフィール欄で「イクメン」を名乗っている。そうした要素が重なり、ネットユーザーの怒りに火を付けたようだ。

「赤ちゃんが落下したら、どうすればいいか」の記事を公開予定

   記事公開後、ツイッターには

「まず報告しようよ、重大な事だぞこれは」
「奥さん知らないで、後から急変したらどうするの?」
「子供落としといて保身???」

と非難が殺到。「イクメン」を名乗るな、といった趣旨の声も相次いだ。事態をうけて「赤すぐ」編集部は16年4月4日、「妻に殺される」の一文と、帰宅後の妻と交わしたやり取りの部分を削除し、タイトルを修正した。さらに、

「貴重なご意見を頂戴し、一部内容を削除いたしました。読者の皆様を不安にさせる表現があったことをお詫び申し上げます。今後このようなことのないよう、記事内容の確認を徹底してまいります」

との謝罪文を追記している。

   一体どのような経緯で修正に踏み切ったのか。「赤すぐ」の広報担当者はJ-CASTニュースの取材に

「お母様方から頂いたお声と真摯に向き合うため、修正しました。通例、誹謗中傷や人を傷つける表現が入っていない限り、編集部は寄せられた体験談の校正、校閲を行いません。ただ、今回はSNS上で『そんな軽く受け止めても良いの』といった厳しいご指摘があったのは事実です。お母様方の心情に対する想像力を欠いておりました」

と話した。

   また、騒動を「教訓」として「赤すぐ」編集部は専門家に取材。「赤ちゃんがベビーベッドから落下したとき、どうすればよかったのか」解説した記事を4月8日に「赤すぐ」で公開する予定だという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中