「ほっしゃん。」戦慄させた「文春記者」名乗る一般人 「ぜんっぜんおもんないわ!ボケ!アホ!死ね!」

印刷

   「○○さんですよね?週刊文春です」――。今日では、突然こんなふうに声をかけられたら、著名人の多くはやましいことの有る無しにかかわらず、脊髄反射で「え?何っ!?」と激しく動揺するのではないだろうか。

   お笑いタレントの星田英利(元ほっしゃん。)さんは昨日、文春記者を装う一般人に「ドッキリ」を仕掛けられたといい、ツイッターで恨み言を並べている。

  • 春の夜の「ドッキリ」(画像は星田さんのツイート)
    春の夜の「ドッキリ」(画像は星田さんのツイート)

「ほっしゃん。さんですよね。」「はい。」「週刊文春です。」

   2016年4月7日の21時半ごろ、星田さんはツイッターに美しい夜桜の写真を投稿した。歩きながら花見を楽しんでいたようで、

「通り道。『散りぎわが美しい』とか言う口車に乗せられんと、粘れ粘れ、粘ってくれ。そらやっぱり咲いてるうちが一番美しいって!」

と、散り始めた桜に「エール」を送っていた。

   ところが数十分後、そんな花見気分を台無しにする「事件」が起きたようだ。

   22時前のツイートで、突然声をかけてきた男性2人組との会話を次のように再現している。

「ほっしゃん。さんですよね。」
「はい。」
「週刊文春です。」
「えっ?な、何?」
「嘘です!(笑 )ビックリしました?写真いいですか?」

   男性らはちょっとした「ドッキリ」のつもりだったのかもしれないが、星田さんは相当動揺したらしく、

「...ヤメろ!!!クソが!ぜんっぜんおもんないわ!ボケ!アホ!死ね!。。。(笑)」

と、「(笑)」をつけつつ怒りをぶちまけた。

とにかく明るい安村、直撃され肩ガックリ

   著名人であれば、週刊誌の記者を名乗る者に声をかけられたら咄嗟に警戒するものだろう。仮にその記者が「週刊文春」だった場合――当事者の心境は想像に難くない。

   2016年に入って以降、「ベッキー不倫騒動」「甘利大臣マネースキャンダル」「育休議員不倫問題」「ショーンK学歴詐称問題」と、特大級のスクープを連発している同誌。あまりの威力に、ネット上では「文春砲」「デスノート」などと呼ばれるほどだ。

   4月7日号の記事によると、お笑い芸人・とにかく明るい安村さんは「不倫現場」から出てきたところを文春記者に直撃された際、「うわーっ!」と身をのけぞらせたという。畳み掛けられる質問に「あ~。やっちゃったな......」「いやぁ、ちょっと......」などと答えながら、肩をがっくり落としたそうだ。

   現場を押さえられたという事情もあるだろうが、同誌の「不倫スクープ」の精度の高さを知っているだけに、諦めの境地に達したのかもしれない。

   お笑いコンビ「おぎやはぎ」の2人は、2月11日放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ系)で、不倫報道を飛ばす文春の恐ろしさに触れながら、

「俺はもう文春に媚びたい」「媚びたいよね」「文春と仲良くしたいわ、怖すぎて」

とぼやいていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中