栃木女児殺害、被告に無期懲役判決 宇都宮地裁

印刷

   2005年に栃木県今市市(現日光市)の小学1年生・吉田有希ちゃん(当時7歳)が殺害された事件の裁判員裁判で、宇都宮地裁は2016年4月8日、殺人罪に問われた無職の勝又拓哉被告(33)に対し、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。

   被告は捜査段階で殺人容疑を認めていたが、その後、全面否認に転じた。直接的な証拠はなく、捜査段階の自白の任意性と信用性が最大の争点に。法廷では取り調べの録音・録画が7時間以上再生された。今回の判決は、すでに有罪の部分判決が出ていた商標法違反と銃刀法違反を含めた量刑。

   判決直前の7日にはTBS系ニュースネットワーク「JNN」の単独取材に応じ、「殺してないけど認めたほうが印象いいし、認めずにこのままずるずるいったら刑が重くなるし」「自白しなかったら死刑になると警察官に言われて自白した」などと語ったという。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中