「伝線しないストッキング」はもう開発されている? ネットに飛び交う「都市伝説」にメーカーの答えは

印刷

   買ったばかりでもすぐ伝線する――こんな声がしばしば利用者から投げかけられる日本のストッキング。今、ネット上で「伝線しないストッキングはすでに開発されているが、未だに販売されないのは、定期的に買い替えてくれないとメーカーが困るから」という、まことしやかな「都市伝説」が広まっている。

   伝線に対する多くの利用者の悩みの裏返しとも言えそうな現象だが、真相はどうなのか。ストッキングメーカーに話を聞くと......。

  • そんな商品あるなら売ってよ、と皆思っている(by Julien Jeanneau 画像はイメージ)
    そんな商品あるなら売ってよ、と皆思っている(by Julien Jeanneau 画像はイメージ)

就活で「カバンの中に予備を入れておけ」

   伝線とは、ストッキングに空いた穴や糸のほつれが縦状にひろがる現象だ。裂けたようになり、本来の機能を果たさなくなる。

   日本の女性にとってストッキングは、ビジネスシーンで効果的に用いたり、冷え対策で履いたり、足を綺麗に見せたりと、付き合う時間はとにかく長い。もはや生活必需品と言えるだろう。

   しかしその薄さゆえ、すぐに伝線してしまう、との声は昔から少なくない。東京都内で働く20代の女性に話を聞いたところ、「爪がひっかかったり、カバンのチャックが当たったりしただけですぐに伝線してしまいます。より『素肌感』を味わいたいので、なるべく薄いものを履きたいのですが......悩みどころです。多くの女性は外出の際、カバンに予備を入れていると思いますよ」と明かす。

   また、別の20代女性は「就職活動の時は『カバンの中に予備を入れておけ』と色々な人に口酸っぱく言われた」とも話す。面接官にストッキングの伝線を気付かれると悪印象、ということなのだろう。

   ネット上では、そんな伝線を防ぐ様々な「裏ワザ」が紹介されている。代表例が「凍らせる」「酢水につける」の2種類だ。マイナビが運営する学生向け情報サイト「フレッシャーズ」の2014年7月3日付け記事によると、2つはあくまで科学的根拠に基づかない「都市伝説」。とはいえ、利用者が伝線に抱く恐怖感が共有され、こうした「伝説」が生まれる事情は垣間見られる。

「このようなご質問を頂いたこと自体、大変遺憾です」

   そうしたストッキングにまつわる「都市伝説」の極め付けとも言えるのが、「伝線しないストッキングを作る技術はすでにあるが、未だに発売されない理由は利用者が買い替えなくなるから」というものだろう。

   以前からSNSなどで広まっていたが、2016年4月8日にまとめサイトに取り上げられると、「業界の裏事情があるのでは」「技術はあるけど儲からないから作らない」といった憶測が多数飛び交う状況となった。

   伝線しにくさ、耐久性の強さを謳うストッキングはすでに発売されている。しかし、「伝線しないストッキング」など果たして存在するのだろうか。

   J-CASTニュースが4月8日、ある大手ストッキングメーカーに事の真偽を問い合わせると、11日になって、こんな回答がメールで返ってきた。

「私どもの回答を待つまでもなく、本件は明らかに都市伝説であり、先日電話口で申し上げましたが、J-CAST様からこのようなご質問を頂いたこと自体、大変遺憾です」

   そんなことあるわけがないでしょう、ということのようで、その後の取材も断られた。当分、予備のストッキングを持ち歩く日々が続きそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中