バド桃田賭博問題発覚と「キス写真」流出の接点  闇カジノに誘った錦糸町「スナックママ」

印刷

   バドミントン男子のリオ五輪金メダル候補だった桃田賢斗選手(21)らの賭博問題は、女性トラブルに巻き込まれたことで発覚した可能性が出てきた。所属するNTT東日本関係者の話や週刊誌の報道などから、その経緯が少しずつ見えてきた。

   桃田選手らは2016年4月8日に記者会見して経緯を説明したが、その後も、新事実などが次々に明らかになっている。

  • 会見で淡々と話す桃田賢斗選手
    会見で淡々と話す桃田賢斗選手

違法スロットでも数十万円負ける

   所属先のNTT東日本にJ-CASTニュースが取材すると、記者会見の翌9、10日に弁護士を交えて桃田選手らの聞き取り調査を行った結果、闇カジノ店出入りとほぼ同じ時期に、同じ東京都墨田区内の違法スロット店にも通っていたことを認めた。桃田選手は、5回、数十万円負け、ロンドン五輪元日本代表の田児賢一選手(26)は、20回、約50万円負けていた。ほかに、OBも含め男子選手5人が出入りしていたという。

   さらに、桃田選手が田児選手とカジノ店に行ったとした6回のうち、1回は、田児選手とではなく、墨田区内の錦糸町にあるカラオケスナックの年上ママと行っていたことも分かった。桃田選手は、このスナックに10回ほど通っていたといい、ママに誘われてカジノ店に行ったという。

   デイリー新潮は13日までに、14日発売の「週刊新潮」の記事の一部として、このママとのことがきっかけで、今回の賭博問題が発覚したと、報じている。

   それによると、桃田選手は、ある人物から電話を受け、ママとの「キス写真」が出回っていて、買い取るように匂わされた。記事では、ママの顔をぼかしたキス写真も載っている。脅迫や美人局の可能性もあり、桃田選手が関係者に相談したことでカジノ店出入りが知れ渡ったという。

   同様の写真は、アサヒ芸能の紙面にも載っている。

「複数の写真があるので、会いたい」

   これに対して、NTT東日本広報室は、ママとのキス写真などについて、桃田選手は、3月30日に電話がかかってきて、「複数の写真があるので、会いたい」などと言われたという。知らない電話番号だったため無視したといい、その後も何度か電話があったが取らなかったという。金品要求などはなかったため、脅迫だとは判断できなかったとしている。

   桃田選手らは、カジノ店側と何らかのトラブルに巻き込まれたということはないのか。この点について、広報室では、「カジノ店とスナックの女性との関係については、こちらでは分かりません」と言っており、真相は不明のままだ。

   また、週刊現代や週刊女性の記事によると、カジノ店長の話などから、桃田選手は、会見内容とは違って、カジノ店に20回ほども通っており、100万円以上負けていたという。また、店に暴力団関係者がいることも知っていたと指摘している。

   しかし、NTT東日本広報室は、桃田選手は、会見通り、6回、50万円ほど負けており、暴力団関係者がいたことの認識もなかったと確認していると、J-CASTニュースの取材に説明している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中