5代目「相棒」に仲間由紀恵起用はあるのか? 反町隆史「降板報道」で起きた大ブーイング

印刷

   2016年10月から放送予定のテレビ朝日系ドラマシリーズ「相棒 シーズン15」から、水谷豊さん(63)演じる杉下右京の相棒を仲間由紀恵さん(36)が演じることになるだろう、などと複数の週刊誌が報じている。

   過去にも、仲間さんはシーズン14でも相棒候補者の筆頭だったが、スケジュールが合わなかったため、反町隆史さん(42)が2クール(6か月間)だけ引き受けて、仲間さんにバトンタッチすると報じられたことがあった。本当に初の女性「相棒」が誕生するのだろうか。

  • テレビ朝日系ドラマ「相棒」で仲間由紀恵がまたまた水谷豊の相棒になるのでは、と報じられる(2012年2月撮影)。
    テレビ朝日系ドラマ「相棒」で仲間由紀恵がまたまた水谷豊の相棒になるのでは、と報じられる(2012年2月撮影)。

シーズン13では子持ちの警視庁広報課長役

   「サンデー毎日」ウェブ版(16年4月14日配信)などによれば、16年10月から放送される「相棒 シーズン15」は、4代目相棒の反町さんに代わり仲間さんが5代目に浮上しているのだという。3代目の成宮寛貴さん(33)が務めたシーズン13の平均視聴率が17.4%だったのに対し、シーズン14は同14.9%と下げたため、仲間さんに白羽の矢が立った、と報じられている。仲間さんはシーズン13で、子持ちの警視庁広報課長役として出演していた経緯もある。

   大人気ドラマシリーズだけに、次の相棒は誰が演じることになるのかいつも大きな話題になる。

   4代目相棒の時も織田裕二さん、稲垣吾郎さん、松坂桃李さんなど多数の候補が出た。実はこの時、テレビ朝日サイドが最も起用したかった俳優は仲間さんだった、といった報道が15年7月頃にあった。

   その際は、仲間さんの出世作にテレビ朝日系ドラマ「TRICK(トリック)」があり、そのプロデューサーが「相棒」に異動したため、また一緒に仕事をしようと仲間さんに出演を依頼したのだと報じられた。事実かどうかは分からないが、仲間さんは恩義を感じていて出演を前向きに考えたもののスケジュールが合わなかった、とされる。2代目相棒の及川光博さん(46)の一時的復帰の案も出たが、こちらもスケジュールの都合でだめになり、1シーズン限定での反町さんの起用が決まった、などと報じられた。

   しかし、報道にあるように本当に反町さんの「相棒」はたったの1シーズンで終わるのだろうか。

テレ朝「シーズン15を放送する、というアナウンスすらしておりません」

   「シーズン14」の最終回は、法務省から警視庁に出向の身分で派遣されていた反町さん演じる冠城亘が、警視庁に正式に異動になって終わっている。それは、これから杉下右京の相棒として本格的な活躍をするのだろうということを予感させた。

   さらに、ファンの間で伝わる「相棒の名前の法則」というものがある。例えば1代目は亀山薫(かめやま・かおる)、4代目は冠城亘(かぶらぎ・わたる)と「か」で始まり「る」で終わる名前だ。仲間さんの演じる社美彌子(やしろ・みやこ)はそれに当てはまらず、しかも警視庁総務部広報課課長という肩書きのため、右京のいる警視庁特命係に異動するのは不自然だ、という指摘がある。

   ネット上では

「仲間『お前らの悪事は、まるっとお見通しだっ!』やだよ、こんな相棒...ww」
「反町でだめってのはないなあ。あの演技に文句はない、あるのは脚本だけ」
「反町続投だよ。仲間推ししたいのが事務所なのか制作なのか知らないが過去に相棒に出演してる辻褄合わせどうするんだ?」

などといった意見が多い。

   仲間さんの演技は好きだが相棒には合っていないし、シーズン15も反町さんの相棒が見たい、などと掲示板に書き込まれている。

   実際のところどうなるのか。テレビ朝日宣伝部にJ-CASTニュースが聞いてみたところ、

「シーズン15を放送する、というアナウンスすらしておりませんし、お答えできることはないというのが現状です」

という答えだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中