台湾「地震予測研究所」、熊本地震予報が「的中」? 月60~80回の大量予報に根拠はあるのか

印刷

   2016年4月14日夜に熊本県で起きた「平成28年(2016年)熊本地震」は、最大震度7、マグニチュード6.5を記録し、発生から12時間で震度4以上の余震が20回も発生している。

   ここでにわかに夕刊紙などで注目が集まっているのが、地震発生を相次いで「的中」させているとされる台湾のブログ「地震予測研究所」だ。今回の地震についても、4月9日に「3日以内に南日本か台湾でM6.3の地震が起きる」と予報したばかり。このブログは毎日のように予報を発表しており、日本が対象になっているものも多い。

  • 「地震予測研究所」のブログ。自らは予報が「的中」していると自画自賛しているが…
    「地震予測研究所」のブログ。自らは予報が「的中」していると自画自賛しているが…

「過去に地震が発生した時の電磁波の波形と比較する」

   「地震予測研究所」のブログやウェブサイトによると、同研究所が活動を始めたのは2008年5月。台湾の各地や上海に観測計を設置して電磁波を測定し、過去に発生した地震が起こる前に観測された電磁波のパターン(波形)と比較し、発生を「予報」していると説明している。

   「研究所」の実態は明らかではないが、代表の林湧森氏は過去に台湾のテレビに出演し、予報の方法について解説したこともある。すでに16年だけで、「的中」「ニアピン」が指摘されているパターンも多い。

   例えば2月4日には(1)7日以内に台湾北部、日本、アラスカ、ロシアでM6.5以上(2)9日以内に台湾西部、フィリピンでM6以上、を予報。このときは、予報から2日後の2月6日に台湾南部・高雄を震源とするM6.6の地震が起きた。その前の1月3日には、上海からの情報を根拠に、7日以内にアラスカや北日本(上海以北)でM7.6の地震が起きる」と予報。すると、時期は少しずれたが、1月24日にアラスカ州南部のアリューシャン列島でM7.1の地震が起きている。

「2日ずれたのは、地震の震源と観測地点との距離が原因」

   そして4月9日には、3日以内に南日本または台湾でM6.3の地震が起きると予報していた。熊本の地震発生後に書き込まれた「研究所」のフェイスブックでは、4月9日のブログ記事をリンクしながら「(予報した地震が)発生した」と説明。「研究所」からすれば、予報が的中したという認識のようだ。予報と実際の発生が2日ずれたのは、地震の震源と観測地点との距離が原因だという。

   もっとも、このブログでは月に60~80回のペースで予報を発表している。予報の地域の範囲も広く、いわば「数撃てば当たる」の状況とも言えそうだ。

   ちなみ、ブログは早速4月15日、11日以内に(1)台湾北部から中部、日本中部、南部でM7以上(2)北海道、ロシア、アラスカでM8以上、の地震が発生すると予測している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中