苦境が続く「平成の怪物」と「ハンカチ王子」 先の見えない2人が「持っている」共通財産とは

印刷

   平静を取り戻したプロ野球を冷静になって見ると、気になる選手の動向が知りたくなる。松坂大輔と斎藤佑樹。どうしているのだろうか。

   松坂のピッチングを見たかったファンは多い。「今年こそ」と期待したのは全国にいた。

  • 甲子園のヒーローが輝きを取り戻す日は来るのだろうか。
    甲子園のヒーローが輝きを取り戻す日は来るのだろうか。

増えつつある厳しい声

   2016年4月20日、中日との2軍戦で先発した。内容は2回を投げ、4安打、2失点。良くないのは数字が示している。2軍でも通用しなくなった、ということなのか。

「球が高かった」
「修正できなかった」

   松坂の話である。自信さえ失ってしまったのか、と思うコメントだ。

   大リーグに見切りをつけ、14年にソフトバンクのユニホームを着て以来、1度も1軍の試合に登板していない。

   同じ日、同じ大リーグからの出戻り投手、和田が完封勝利を挙げた。松坂にとってこれほどつらいことはないだろう。

   日本球界の条件は「3年、12億円」の契約だった。年俸4億円である。松坂にとってもこれが重くのしかかっているはずで、厳しい声が増えつつあるのは仕方がない。

   大リーグではとっくに「契約解除」されている。松坂はレッドソックスを去った後、他球団と契約しては解除をくり返してきた。ソフトバンクの温情は身にしみていることだろう。

「甲子園のヒーロー」

   もうひとりの斎藤も先が見えない。2軍で登板しているものの、満塁本塁打は打たれるわ、打球を受けては降板するなど、いい話がない。投球回数を上回る安打を打たれている。

   斎藤は今シーズン、投手生命を賭けて臨んだはずだ。オープン戦からチャンスは何度か与えられたが、それを生かすことができなかった。斎藤を理解している栗山監督も苦しい状態にある。

「使うのが怖い」

   これが首脳陣の本音だ。つまり、先に点を取られる確率が高いから、常に劣勢でチームが戦うことになる。どうしても打線の信頼が得られない。3イニングでもピシャリと抑えることができれば、使い道は多くなる。

   もたもたしている間に、早大の後輩、有原航平の評価が高くなった。斎藤にとって、たまらない現状である。有原は昨(15)年の新人王で、有力な先発として信頼が高まっている。

   松坂と斎藤の共通点は「甲子園のヒーロー」である。

   昔の話には違いないが、ファンはやはり気になる存在で、マウンド姿を見ることができれば、大きな拍手を送る。松坂は「平成の怪物」と呼ばれ、斎藤は「ハンカチ王子」とアイドル人気で注目された。

   そんな財産を2人は持っている。1軍登板すれば、間違いなく観客動員に結び付く。さて、その日は...。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中