あわや大惨事...「いつも通っとる道やん!」 神戸・橋げた落下現場「176」は兵庫の大動脈

印刷

   兵庫県神戸市の新名神高速道路の工事現場で2016年4月22日、長さ120メートルの橋げたが落下する事故があった。

   事故の影響で、落下した橋げたの下を通っていた国道176号線は通行止めに。ここは「176」と呼ばれ、もともと人通りや車の交通量が多い道路であったため、事故のタイミングによっては大惨事になっていた可能性がある。

  •  (左から)産経・毎日・朝日新聞など、各紙が1面で報じた
    (左から)産経・毎日・朝日新聞など、各紙が1面で報じた

事故の瞬間も多くの自動車が通行

   ネットやテレビの報道では、橋げたが落下する瞬間を捉えた映像が公開された。長さ120メートル、高さは20メートルほどあった橋げたは、グラグラ揺れたかと思うと急激に落ち、その後も数秒間、何度か弾むように波打っていた。

   下を通る「176」は、4車線で交通量の多い道だ。物流にも日常生活の移動にも頻繁に使われ、この地域の「大動脈」とする声が目立つ。事故映像でも多くの自動車が走行しているのが確認できる。

   そのため、ネット上では現場近くの住人と思われるユーザーから、生活や物流への影響を心配する声が続々と上がった。

「兵庫県の大動脈、国道176号線。物流に大きな影響があるだろう」
「176号はしばらく制限or通行止めなんかなー」
「176直撃ってことは色々影響が」
「完全に生活地域」
「いつも通っとるみちやん!」

「自分が通過した1時間後に...」

   報道によると、この事故で建設現場の作業員のうち、2人が死亡、8人が負傷した。一方で、

「橋桁の落下自分が通過した1時間後だったみたい。事故に遭わなくてよかった」
「昨日AM11:40分にそこ通過してた。 その数時間後...落下事故」
「自宅から近いし、176はよく使うし、恐い」

という声がネットで相次いでおり、間一髪で事故を免れた一般市民は少なくなさそうだ。中には

「よう車を挟まなかったなぁ。ある意味奇跡やで」

と指摘するユーザーもいた。タイミング次第では、もっと甚大は被害をもたらしていた可能性がある。

   新名神高速道路を管理する西日本高速道路(NEXCO西日本)は同社サイトで23日、176が通行止めになり迂回せざるをえなくなった車両への対応として、一部高速道路の通行料金を無料化すると発表した。適用は同日未明の3時からで、終了時期は別途知らせるとしている。

   なお23日昼現在、橋げたが落下した原因は明らかになっていない。兵庫県警と道路施工会社は現場検証を続け、原因解明を進めている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中