急逝・前田健の「親友」はなわ、死を悼む長文ブログ 「家族のような存在」「僕の一番の理解者」

印刷

   お笑い芸人の前田健さんが44歳の若さで急逝した。親交のあった芸能人が続々と追悼コメントを寄せる中、お笑い芸人のはなわさん(39)は長文ブログで「親友」の死を悼んだ。

   「あまりにも突然の事でまだ現実を受け入れる事ができません」――。こんな書き出しで始まるはなわさんの文章には、前田さんへの思いが溢れていた。

  • 26日、「まえけんさん。」と題したブログ記事を公開した(画像ははなわさん公式ブログのスクリーンショット)
    26日、「まえけんさん。」と題したブログ記事を公開した(画像ははなわさん公式ブログのスクリーンショット)

「20年以上にわたり芸人の道をともに歩んできた」

   前田さんは2016年4月24日夜に新宿区新宿3丁目の路上で倒れていた。その後、救急車で病院に搬送され、所属事務所は25日に「現在も治療中」と説明していたが、26日未明に死去した。

   はなわさんは26日午前にブログを更新した。「あまりにも突然の事でまだ現実を受け入れる事ができません」との書き出しで、これまでの思い出をつづった。

   ブログによると、2人が出会ったのは、はなわさんが佐賀県から上京してすぐのこと。当時まだ18歳、前田さんは23歳だった。

   以来2人は、20年以上にわたり芸人の道をともに歩んできた「親友」であり、「僕の『悩み』『喜び』『夢』すべてを一番に相談し共有してきた家族のような存在」だったという。

「当時を振り返ると、お互い貧乏で、いつもファミレスでコーヒー一杯だけ注文し、朝までネタ作りをしました。素晴らしい本や映画や舞台など、無知な僕にたくさんの名作と知恵を教えてくれました。だから、僕の『佐賀県』の歌のヒットを一番喜んでくれたのがまえけんさんでした」

「もしものことがあったら嫁と子供の面倒は俺がなんとかする」

   はなわさんは2000年に一般女性と結婚。以来、前田さんは妻とも親しくなり、夫婦ケンカを仲裁してくれたこともあったという。ブログでは「僕が家に帰れないほど忙しくなった時、いつも家に来てくれて僕の代わりに子守りや買い物を手伝ってくれました」とも振り返る。

   前田さんは事あるごとに「はなわにもしものことがあったら嫁と子供の面倒は俺がなんとかする」とまで話していたといい、2人は仕事仲間の関係を超え、固い絆で結ばれていたようだ。

   実は、つい1週間前にも朝まで熱く語り合ったばかりだったというはなわさん。

「まえけんさん、早すぎるよ。悲しすぎます。僕の一番の理解者だったまえけんさん。心に穴があいてしまったような感じです」

と心境を明かしつつ、

「まえけんさん、これからあなたに言われた事を思い出し、叱られない人生を歩んで行きますね。そして、まえけんさんと話した夢を実現できるように頑張ります」

と約束し、「天国でゆっくり休んでください。そして、いつかまたバカやりましょう!」と呼びかけた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中