「性的関係」養父と娘が「乳児首切り」 二重のショックと謎を呼ぶ「15年間」

印刷

   義父(65)と娘(28)が2人の間で生まれた子を殺害したとして逮捕され、ネット上でも、事件へのショックが広がっている。

   内田春菊さんの小説に「ファザーファッカー」という作品がある。養父が娘と性的関係を強いて、娘は家出する決心を固めていくといったストーリーだ。

  • こんな赤ちゃんになぜ…(写真はイメージ)
    こんな赤ちゃんになぜ…(写真はイメージ)

娘は身を寄せていた女性に「殺害」を打ち明けた

   それを地で行くような事態が新潟県で起きていたことが分かった。

   報道によると、アルバイト作業員の義父と無職の娘は2014年夏ごろ、糸魚川市内の自宅で娘が出産したばかりの男児の首を刃物で切って殺害した疑いが持たれている。義父は、翌日ごろに男児の遺体をどこかに遺棄したという。義父は殺人と死体遺棄の疑いで、娘は殺人の疑いで、それぞれ16年4月25日に新潟県警に逮捕された。

   毎日新聞などによると、娘の母親は2001年に娘を連れて義父と再婚し、事件当時も3人で暮らしていた。それが家の金がなくなったトラブルから母と娘の仲が悪くなり、娘が知人女性の手助けで16年2月20日に家を出ようとした。しかし、義父が「家庭内のもめごとに首を突っ込むな」と怒り、女性を殴って首に捻挫させるなどした。

   娘はそれでも家を出て、愛知県内の女性宅に身を寄せた。娘が思い切って女性に男児殺害を打ち明けたところ、女性から説得され2月25日に愛知県警に自首していた。これを受けて、新潟県警が3月29日、女性にケガを負わせた傷害の疑いで義父を逮捕し、捜査に乗り出していた。

   義父の自宅からは、犯行に使ったとみられる刃物が見つかった。しかし、義父は、容疑を否認しており、男児の遺体は4月26日夕現在、まだ見つかっていない。

   小説さながらの衝撃的な事件が報じられると、ネット上では、驚きの声が上がると同時に、疑問も出ている。「義理の娘を幼少時から性的虐待していたのでは?」「なんで中絶せんかったの?」「里子に出すとか赤ちゃんポストに預けるとか方法あったのに...」といったものだ。

母親は、娘の妊娠や出産には気づかなかった

   一部報道では、娘は十数年にわたって義父に性的な関係を強いられていたともされている。一方で、2人が頻繁に一緒に出歩くなど、仲が良かったという「近所の人」の証言を伝えるメディアもあった。

   性的虐待があったかについて、糸魚川署の副署長は、「まだ分かりませんが、無理矢理に性的関係を持ったという報告は受けていません」と取材に答えた。娘がDV被害などを関係機関に訴えたことがあるかについても、「こちらでは、把握していないです」としている。

   一部報道では、娘は男児殺害について「父から指示された」と話しているというが、「今後の捜査になりますので、コメントは差し控えさせて下さい」とのことだった。報道によると、娘は、男児殺害について、「育てられないと思った」「後悔をしている」と話しているという。

   なお、糸魚川署によると、母親は、娘の妊娠や出産には気づかなかったという。報道によると、母親は、足が不自由で車イスを使っていたといい、娘が母親の前ではゆったりした服などでお腹を隠していた可能性もあるようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中