「あさが来た」の撮影で「人を信用できなくなり」・・・ 「ヒロイン」波瑠の「意味深」告白に、色々な意味で心配する声

印刷

   撮影をめぐり、人を信用できなくなり......NHKの連続テレビ小説「あさが来た」でヒロインを演じた女優の波瑠さん(24)の、こんな「意味深」ブログが注目を集めている。ファンからは心配する声が上がっている。

   2016年4月27日に更新したブログで波瑠さんは、朝ドラの撮影中に「人を信用できなくなり」、現場では「何も話せなくなり、挙句に誰かと目を合わせるのも怖くなった」と告白。さらに、「そのなかで感じた孤独や不安は、思い出すだけで今でも涙がでてきて・・・」ともつづった。

  • 波瑠さんの「意味深」ブログが話題(画像は公式ブログのスクリーンショット)
    波瑠さんの「意味深」ブログが話題(画像は公式ブログのスクリーンショット)

朝ドラの撮影は「人生の中の特別な試練だった」

   16年4月22日放送のバラエティー番組「A-Studio」(TBS系)に出演した際、「あさが来た」の撮影が苦しく、母親に「(女優を)辞めたい」というLINEを送ったというエピソードを暴露していた波瑠さん。

   今回のブログでは、番組での発言についての経緯や真意を詳細に説明している。その中で波瑠さんはまず、「あさという役をやめたいと思ったわけではない。そう思ったことは一瞬もなかった」と強調。その上で、

「(編注:撮影現場での)ささいな事の積み重ねで人を信用できなくなり、それを何度か経験しているうちに、誰にも何も話せなくなり、挙句に誰かと目を合わせるのも怖くなった時間すらありました」

と告白した。さらに、「そのなかで感じた孤独や不安は、思い出すだけで今でも涙がでてきて、わたしのなかで卒業できていない感情です」として、ドラマの収録が終わってから50日以上が経った現在でも心の傷が残っていることを明かした。

   また、ドラマの収録が終わった現在では、「あの時間はわたしの人生の中の特別な試練だった」と捉えているとも書いている。

「視聴者を落胆させるような発言だよ」との批判も

   ブログの終わりで波瑠さんは、「これから先にヒロインをつとめる方たちが、伸び伸びと心身ともに健やかで収録にのぞめること、これがわたしのちいさな願いです」と意味深なメッセージも送っている。

   「あさが来た」の放送終了から1か月も経たないうちに飛び出した今回の告白に、ツイッターやネット掲示板などでは、

「人を信用できなくなる、って相当な問題があったってことだな」
「誰かにイジメられていたのかな?」
「泣き寝入りするより、こうしてぶちまける方がいい」

などと波瑠さんを心配するような声が相次いで上がった。だが、その一方で、「中途半端な書き方すると、余計な憶測を呼ぶだけ」「視聴者を落胆させるような発言だよ」と、ブログの内容が軽率だとしてたしなめる声も出ていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中