熊本地震、「特定非常災害」に 運転免許などの期限延長

印刷

   政府は2016年4月28日、熊本地震を「特定非常災害」に指定する政令を閣議決定した。公布・施行は5月2日を予定している。

   指定により、被災者は運転免許や飲食店の営業許可などの有効期限が9月30日まで延長される。また、被災した企業の破産手続き開始の決定も18年4月13日まで留保される。

   特定非常災害への指定は、1995年の阪神大震災、2004年の新潟県中越地震、11年の東日本大震災以来4例目。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中