ベッキー、「みそぎ」はもう済んだ? 5月復帰説に「まだダメ!」VS「大丈夫」

印刷

   「ゲスの極み乙女。」川谷絵音さん(27)との不倫騒動で休業中のベッキーさん(32)について、芸能レポーターの井上公造さん(59)が「早ければ5月にも復帰するのでは」との見解を示した。

   「週刊文春」最新号に掲載されたベッキーさん直筆の手紙は、所属事務所社長が同誌編集部に出向いて直接手渡ししたもの。井上さんは、かねてから「敵側(文春)の懐に飛び込むのが一番の解決法」と話しており、復帰に向けて動きだしていると推測した。

  • ベッキーさんの復帰はいつになる?(写真は2011年撮影)
    ベッキーさんの復帰はいつになる?(写真は2011年撮影)

ゲス川谷とは「決別」強調

   手紙の全文は「週刊文春」2016年5月5日・12日合併号(首都圏など4月27日発売)に掲載された。同誌からのインタビュー依頼を何度も断ってきた代わりに、便せん5枚にわたり現在の心境をしたためたという。

   文中では「川谷さんへの気持ちはもうありません」として、すでに「決別」していることを強調。川谷さんの妻に対するお詫びの気持ちを繰り返しつづった。

   また、1月の緊急会見で主張した「友人関係」との表現については「私の行動を考えると恋愛関係だったと言うべきでした」と釈明し、文春報道を否定してしまったことを謝罪した。

   4月27日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)に生出演した井上さんは、

「この(不倫騒動)問題を解決する近道は『文春のインタビューに応えること』だと僕は言ってきた。敵側の懐に飛び込むのが一番の解決法だと思う」

と指摘した。

   その上で、今回の手紙は「自分の気持ちをちゃんとつづることによって、文春側にも理解してもらおうという(意図がある)」と分析。事務所社長が自ら届けたことで「事務所の意向も同じ」だと示したことになる、とも解説した。

「もう復帰していいだろう」「今はタイミングが悪い」

   注目の復帰時期については、「早ければ来月にも復帰するのではないか」「状況的にいうと5月復帰の可能性は十分に出てきた」と自身の取材をもとに予想した。仮にこの通りになれば、1月下旬の休業以来、約4か月ぶりということになる。

   実際、日本テレビやTBSは2月下旬の段階で、レギュラー番組について「降板は考えていない」とそれぞれ明言しており、受け入れ環境はすでに整っているともいえる。「7月復帰」「今秋復帰」といった報道もかねてからあり、近いうちにテレビの世界に戻ってくる可能性は十分ある。

   だが、今回の手紙については、ネット上で「個人的には逆効果な気がします」「ベッキーの腹黒さがわかった」といった厳しい声も相次いでいる。

   そのため、5月復帰説に関しては「もう復帰していいだろう」と納得の声があがる一方、「燃料投下」直後とあり「今復帰すればバッシングの餌食になるだけ」「今はタイミングが悪すぎる」との声も目立つ。

   ちなみに、同じく不倫騒動で注目を集めた矢口真里さん(33)は、本人の体調不良もあったようだが、復帰までに1年5か月もの活動休止を余儀なくされた。復帰から1年半近く経った今でも影響は大きく、最近でも不倫話をネタにした出演CMに批判が殺到。急遽、放送中止となってしまった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中