「そうか、あかんか」の衝撃、なおも... 京都「認知症母」殺人犯の自殺と「何度読んでも泣けてしまう」話

印刷

【意外とバズったJ-CAST記事(3)】認知症を患う高齢の母と心中を図った男が、数年後に自殺していた――。そんな重い話がネットユーザーの注目を集めた理由は何だったのだろうか。

   2016年1月7日に公開した記事

『そうか、あかんか』認知症母殺人心中未遂 息子『後追い自殺』報道にネット『心が痛い』と衝撃

は、4月末までに1400回超もシェアされ、ツイッターでもたびたび言及された。

  • 男性は琵琶湖大橋から飛び降りたと報道された。
    男性は琵琶湖大橋から飛び降りたと報道された。

10年の前のある事件

   話の起点は、10年前に京都市伏見区で起こったある事件。2006年2月、認知症を患う母親(当時86歳)を1人で介護していた男性(当時54歳)が、失業保険の給付停止で生活に行き詰まり、母親の首を絞めて殺害。直後に自殺を図るも、未遂に終わった。

   その男性の悲劇的な結末が伝えられたのは、事件から10年を迎えようとしていた16年1月5日。同日付け毎日新聞が、滋賀県大津市の琵琶湖周辺で2年前に投身自殺したと報じたことを機に、あらためて注目が集まった。

   同事件をめぐっては、ネット上で有名なコピペ(掲示板サイトなどに張り付ける際、定型となる話)が存在していた。このコピペは06年4月、男性の初公判で検察側が語ったエピソードを下地にしている。

   それは「心中直前」に母と男性が交わしたやり取り。同年2月1日早朝、桂川河川敷の遊歩道で「もう生きられへん。ここで終わりやで」と母に告げた。これに母が「そうか、あかんか。一緒やで」と返すと、男は「すまんな」と謝罪。自分の額を母の額にくっつけた。その後、男は「わしの子や。わしがやったる」という母の言葉を合図に母を殺害したという。

「どうしてこんなことが起こってしまうのか」

   当時、マスコミは「地裁が泣いた」などと裁判官の動揺ぶりを伝えた。一方、ネット上でもこのやり取りが「コピペ」され、事件以後も「マジで泣けるコピペ」「泣きたい時に見るコピペ」としてSNSや掲示板サイト、まとめサイトなどに張られ続けた。

   そんな背景を持つ事件だっただけに、今回のJ-CAST記事には

「どうしてこんなことが起こってしまうのか」
「何度読んでも泣けてしまう」
「こんな結末誰も望まん......」

と、あらためて悲しみの声が続々寄せられた。それだけでなく、男と母親を救えなかった行政への批判も見受けられた。

   認知症がきっかけの介護殺人は年々増えている。16年4月5日にも、兵庫県加東市で認知症の女性(79)が夫(82)に殺害される事件が起きた。逮捕前、夫は自宅に「精も根も尽きた」と書かれたメモを残していたとも報じられており、10年前と変わらず「認知症介護」の現状は依然厳しいままだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中