松島元法相が国会でピコピコ 「トンデモ」審議中態度の一部始終に注目

印刷

【意外とバズったJ-CAST記事(4)】国会議員の会議中の発言を報じた記事がネット上で物議を醸すことはよくあるが、会議中の「態度」だけを伝えた記事が大変な注目を集める珍しいケースがあった。

   元法相・松島みどり衆院議員(59)の審議中の様子を取り上げたJ-CASTニュースの2016年3月18日の記事

大アクビに携帯ピコピコ、答弁者の横で堂々読書 国会映像大ヒンシュク・松島元法相が読んでいた本とは

は、フェイスブックで1400人以上がシェアし、ツイッターでも多数リツイートされた。固いイメージの政治家ネタでありながら、これほど「バズッた」のはなぜか。

  • 読書にふける松島氏(衆議院インターネット審議中継より)
    読書にふける松島氏(衆議院インターネット審議中継より)

「 やる気のなさ」が一目瞭然の画像に反応?

   記事は、3月の衆院外務委員会で岸田文雄外相の隣に座っていた松島氏の様子を詳報したものだ。

   審議中の松島氏は、問題発言があったどころか、一言も発言していない。そのかわり、豪快にアクビをし、ウトウトと居眠りする様子がインターネット中継用のカメラに映っていた。起きていても携帯電話をいじったり、読書を始めたり...と、とても審議中とは思えないものだった。

   松島氏の態度については複数のメディアが取り上げていたが、たとえば朝日新聞デジタルの記事は画像が1枚もなかった。J-CASTニュースでは、その「やりたい放題」ぶりを文章で細かく描写。加えて「問題場面」を、衆院が公開しているネット中継映像から計5点、スクリーンショットし画像として掲載した。

   その結果、フェイスブックでは1400人以上が記事をシェアした。J-CASTの政治記事でこれほどシェア数が伸びるのは珍しい。フェイスブックでは画像が重視される傾向にある。やる気のなさが一目瞭然の画像が、とりわけ目を引いたようだ。ツイッターでも数多くリツイートされた。

J-CAST読者の怒りコメントが続々

   公開後数日間は、J-CASTニュース内や配信先の「Yahoo!ニュース」でもアクセスランキングの上位に入っていた。こちらも画像がよく見られたことや、政治記事には珍しい「大アクビに携帯ピコピコ」というユーモラスな見出しも影響したのかもしれない。

   また、J-CASTニュース内の記事コメント欄にも120件以上の投稿があった。多くは不快感を示す怒りのコメントで、

「ま、今の議員のレベルがよくわかる映像だな」
「有権者をなめている」
「俺の税金をこんなやつに使ってほしくない」

といった声が相次いだ。専門的な政治の話ではなく、直感的に国民の怒りを刺激する内容だったのも「バズった」理由の一つだったようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中