トランプ陣営の楽曲使用に大物アーティストが続々「NO!」  ストーンズにアデル、エアロスミスら使用中止要求

印刷

   米大統領の選挙キャンペーンでは賑やかな音楽がつきものだが、共和党の指名獲得を確実にした不動産王のドナルド・トランプ氏(69)には、楽曲が使われた大物アーティストから次々に「物言い」がついている。

   ローリング・ストーンズやエアロスミスが次々に楽曲の使用中止を求めてり、自分たちの楽曲とトランプ氏のイメージが結びつくことを嫌ったとみられる。これに対し、トランプ氏は「他にも、もっといい曲がある」などと「どこ吹く風」。ストーンズの楽曲は引き続き集会で使用されており、事実上要求を一蹴した形だ。

  • トランプ氏は「ローリング・ストーンズ」から楽曲の利用中止を求められた後の集会でも楽曲を流し続けた(写真:ロイター/アフロ)
    トランプ氏は「ローリング・ストーンズ」から楽曲の利用中止を求められた後の集会でも楽曲を流し続けた(写真:ロイター/アフロ)

トランプ氏「何の問題もない」と一蹴

   過激な言動が物議を醸してきたトランプ氏は2016年5月3日(米東部夏時間)のインディアナ州予備選で、共和党による大統領候補の指名を確実にした。英テレグラフ紙によると、この直後の集会でトランプ氏がスピーチした後にローリング・ストーンズの代表曲「スタート・ミー・アップ」(Start Me Up)が演奏されたという。マイクロソフトの「ウィンドウズ95」のCMでも大々的に流れ、比較的若い世代にも知名度が高い曲だ。

   こういった重要な局面で自らの楽曲が流れることを嫌ったのか、ローリング・ストーンズの広報担当者は5月4日、

「ローリング・ストーンズはトランプ陣営に楽曲の使用を許諾したことはなく、すべての使用をすぐにやめるように求めた」

とする声明を出した。トランプ氏はこの問題について、CNBCとのインタビューで、

「何の問題もない。ミック・ジャガーが好きだ」

と答え、ローリング・ストーンズの楽曲が使えなくても、他のアーティストの楽曲を使う意向を示した。

   だが、実際には、トランプ氏はローリング・ストーンズ側の要求を一蹴するように、5月5日夜にウエストバージニア州で行った集会でも「スタート・ミー・アップ」と「無情の世界」(You Can't Always Get What You Want)を続けて流した。

ニール・ヤングはサンダース氏支持を表明

   アーティストがトランプ陣営に楽曲使用中止を求めるのは、決してこれが初めてではない。 16年2月には、映画「007 スカイフォール」の主題歌、「スカイフォール」(Skyfall)や「ローリング・イン・ザ・ディープ」(Rolling in the Deep)などで知られる英ポップ歌手のアデルさんが

「政治的キャンペーンに楽曲を使用する許諾はしていない」

とする声明を発表した。

   トランプ氏の集会では、「エアロスミス」の「ドリーム・オン」(Dream On)も使用されていた。だが、エアロスミスのボーカリスト、スティーヴン・タイラー氏は15年10月に楽曲の使用停止を要求。これに対してトランプ氏は、「曲を使用する法的権利はある」としながらも「もっといい代わりの曲がある」などとツイート。開き直るような形で使用中止の求めを受け入れた。

   トランプ氏の楽曲使用に関しては、米ロックバンド「R.E.M.」は15年9月に

「楽曲が政治的イベントで使われるのを許諾したり容認したりはしない」

とするメッセージをフェイスブックに掲載。15年7月には、シンガーソングライターのニール・ヤング氏の所属事務所が

「ニール・ヤングはカナダ国籍だが、米大統領選ではバーニー・サンダース氏を支持している」

という理由で使用取りやめを求めている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中