ベッキー「金スマで復帰」シナリオへの危惧 太田光「どうせ感動にもってくわけ?」

印刷

   芸能活動復帰が取りざたされるタレントのベッキーさん(32)が、不倫騒動で休業する前までレギュラー出演していた「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)の収録に、既に参加していたことが複数のスポーツ紙により報じられた。

   具体的な放送日は未定のようだが、完全復活の日は間近に迫っているようだ。

  • 「金スマ」の収録に参加したというベッキーさん(写真は2011年撮影)
    「金スマ」の収録に参加したというベッキーさん(写真は2011年撮影)

既に茨城で収録、「13日放映」の報道も

   報道内容を総合すると、収録があったのは2016年4月下旬。男性ディレクターが茨城県内で野菜作りに励む人気企画「ひとり農業」のロケで、司会の中居正広さん(43)とともに茨城まで赴いたという。休業発表から約2か月半で事実上の仕事復帰を果たしていたことになる。

   肝心の放送日は、スポーツ紙によって報じ方にバラつきがある。

   たとえば、デイリースポーツでは「最短で13日に放映される」と報道。スポーツ報知は「早ければ今月中にも放送される」としている。サンケイスポーツは単に「現在のところ未定」と伝えている(いずれも5月11日配信記事)。

   一方、スポニチアネックスは、茨城ロケについては触れていない。11日の記事によると、ベッキーさんの仕事復帰のための収録は、5月30日に都内で行う方向で調整中。これに後日行われるスタジオ収録を加えて「6月中にも放送される」としている。

   不倫相手である「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音さん(27)が9日に離婚を発表したばかりとあり、TBS局内でも調整を行っている段階のようだ。11日、J-CASTニュースは放送時期についてTBSに取材したが「番組制作過程のことについてはお答えしておりません」(宣伝部)とのコメントだった。

   ただ、スポーツ紙がそろって報じていることからも、復帰の場となるテレビ番組が「金スマ」となることは確実とみていいだろう。

   同番組は、ベッキーさんにとって初めてのレギュラー番組。ゲストの半生にスポットをあてる「金スマ波瀾万丈」コーナーもあり、これまでの経緯を説明するのには打ってつけとみられる。

「被害者として押し通す予定、ですかねー」

   不倫騒動が起きた1月の収録では、同じくグループの解散騒動で揺れていた中居さんから「お前も大変だな。俺たち頑張っていこうな!」と励まされた経緯がある。

   ネット上には、同番組ならば中居さんの巧みなフォローが期待できる、との意見も多くある。タレントの坂上忍さん(48)も10日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で

「番組に関しては『なるほどな』と思いました。やっぱり中居くんだったら安心だと思います」

と語っていた。

   しかし「金スマ」という番組の性質上、「感動的な演出」がなされるのではないか、とみる人も少なくなく「お涙頂戴的な感じでやるんだろうなぁ」「被害者として押し通す予定、ですかねー」という声もある。「お涙物にするとかなり危ない予感」と、感動的な演出がさらなる反発を招く、と危惧する声も目立つ。

   爆笑問題の太田光さん(50)は11日未明放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)で、自身の番組「サンデージャポン」(TBS系)をベッキーさんの復帰場所として提案する中で

「『金スマ』じゃ当たり前すぎるよ。どうせ感動に持っていくわけだろ?やっぱり笑ってあげないと。ベッキーは」

とコメント。相方の田中裕二さん(51)が「中居くんとか、ちょいちょいつっこんだりはするだろうけどね」と続けると、「中居くんだって今微妙な立場だからさ」と解散騒動に触れ、「つっこみきれない部分があるかもしれないよ」と指摘した。

   「復帰」が文字通り「秒読み」との憶測が乱れ飛ぶなか、ベッキーさんのインスタグラムのコメント欄には、早期復帰を望むファンの声と復帰を望まないアンチの声、誠意のある説明を求める声が入り乱れて殺到する状態になっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中