ココイチに鹿肉使ったカレーがあった 滋賀発「県外でも提供して!」と大評判

印刷

   滋賀県庁の敷地内に出店していた「カレーハウスCoCo壱番屋」。それが閉店に追い込まれたと騒ぎになるなかで、ネットでがぜん注目を集めることになったメニューがある。

   その店舗では鹿の肉を使ったカレーが販売されていたのだ。しかも大人気らしく、ネットでは「食べてみたい」「県外でも提供してくれ」などといった声があがった。

  • シカの食害に苦しむ滋賀県。しかしココイチの鹿肉カレーは美味いらしい(写真はイメージ)
    シカの食害に苦しむ滋賀県。しかしココイチの鹿肉カレーは美味いらしい(写真はイメージ)

県庁敷地内店舗の閉店騒動から存在が全国に広がった

   県庁の敷地内で鹿の肉を使ったカレーを販売していたのは壱番屋のFC店12店舗を展開する「アドバンス」(長浜市)。なぜ鹿の肉を使ったオリジナルカレーを販売したのか、は7年前に遡る。まず、県庁の敷地内に臨時店舗を出店したのは、シカの食害に悩む県がその抑止に努力しているというPRを目的として依頼したからだ。2015年2月から毎週火曜日の昼に販売を行い、16年に入ってからは隔週火曜日の販売となった。1食税込み900円と値は張るが人気は上々で、県庁職員を中心に行列ができた。閉店のため最終日となった16年5月10日には雨がパラついたにも拘らず、鹿肉の立田揚げがトッピングされた人気メニューはあっという間にさばけ、100食が売れた。なぜこれだけ売れるのに閉店したのか。県庁の総務課は、

「駐車場に車を止めて販売する形式であり、長期間の営業は県の公有財産事務規則に抵触するからです」

と説明した。しかし、もともとは県が依頼し食害抑止のPRとして使っていたのではないのか、と質問したのだが、回答は得られなかった。こうした県の対応については、「食害抑止はどうするんだ!」「全くのお役所仕事ではないか」などといった批判も寄せられている。

   こうした騒ぎでがぜん注目を集めることになったのが、普通の「ココイチ」店舗ではお目にかかれない鹿肉カレーだ。ネットでは、「シカカレー食いたかった」「県外でも提供してくれ」などといった声があがった。「アドバンス」にJ-CASTニュースが5月12日に取材したところ、滋賀県にはニホンジカが4万7000~6万7000頭生息すると推定されていて、それが年間約30%増えている。稲を中心とする自然植生の食害の農作物被害額は年間約1億2000万円にも上るという。県の猟友会は鹿の駆除をしていたが、日野町猟友会が約7年前に獣肉解体処理施設「獣美恵堂(じびえどう)」を開設してレストランなどに鹿肉の販売を始めた。「駆除のためだけに鹿を狩るのは命に申し訳ない」というのが理由で、それに賛同したのが「アドバンス」だった。

現在は10店舗で販売

   「アドバンス」が鹿肉カレーを提供し始めたのは10年からで、鹿の肉は猟師から仕入れ、それを加工するための自社工場も持った。始めは鹿の肉に抵抗感を持つ客もいたが、販売して直ぐにヒットする手応えはあったという。現在は10店舗で販売していて、値段は1食税込906円。鹿の肉の仕入れ値は国産和牛より高価で、この値段でも利益は殆どないという。それでも続けているのは、鹿害の抑制に貢献したいという思いがあるからなのだという。1か月間の販売数は約1500食だ。

「鹿は栄養価が素晴らしいため、健康志向の方に受けがいいのと、当社の取り組みに賛同してお召し上がりになる方など様々です」

と同社では話している。また、15年夏からは、県産の鹿肉を使ったレトルトカレー「淡海(おうみ)の国・滋賀 鹿肉の煮込みカレー」(1食220グラム、税込み600円)の通信販売も始めている。

   全国の大手飲食チェーンとして野生鳥獣肉(ジビエ)を扱ったのは、これが初めてだと話題になり、その後は北海道、長野、三重、和歌山、大分の一部店舗でも地産地消の「ココイチ」鹿肉カレーが出るようになった。そんな取り組みをしてきた「アドバンス」。県庁内の店舗の閉店をどうとらえているのか。担当者は、

「あのような素晴らしい場所に1年2か月の間、出店させていただけたことについては、ただただ感謝しかありません。閉店を惜しんでくれるお客様も大勢いて涙の別れになりましたが、もしまた機会があるなら、なんとか出店させて頂ければということを願うのみです」

と話していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中