「東大美女が隣席に」企画中止の波紋 「アイドルと旅行」とどこが違うのか、の声も

印刷

   『東大美女図鑑』の学生らが、あなたの隣に座ってくれる――。旅行業大手のエイチ・アイ・エス(HIS)が打ち出したこんな企画に、ネット上で「セクハラではないか」「性差別的だ」といった批判が殺到。その結果、発表当日に中止が「再発表」されたという騒動があった。HISが謝罪文を発表した後もなお、議論を呼んでいる。

   依然として批判も多い一方で、「過剰反応ではないか」「彼女らはアイドルグループのようなもので、企画の何が問題なのか」といった疑問を呈する声も出ている。

  • HISは「即日」で謝罪文を発表した(画像は公式サイトより)
    HISは「即日」で謝罪文を発表した(画像は公式サイトより)

「性別における配慮が欠けていた部分があった」

   「今まで提供してきた旅のスタイルに変化を加えるプロジェクトを立ち上げます」――。HISは2016年5月11日、こんな売り文句とともに、「『東大美女図鑑』の学生たちが『あなたの隣に座って楽しくフライトしてくれる企画』」と題したキャンペーンを始めると発表した。

   企画は、写真誌『東大美女図鑑』の制作・販売を行う東京大学の学生団体とコラボしたもので、海外へと向かうフライト中、同誌に登場する現役女子大生1人が隣の席に座ってくれるという内容。機内では、旅先の歴史や建造物についての解説など、学生の得意分野を活かした会話が楽しめるともアピールしていた。

   こうした企画内容が発表されるやいなや、ツイッターやネット掲示板などには、

「何だこの気持ち悪いキャンペーン...この時代にこれですか」
「女性を商品化しようとする姿勢が気にくわない」
「セクハラ企画だってこと、いちいち言わなきゃダメなのか」

といった批判が矢継ぎ早に上がった。

   SNS上の意見を重く見たHISは、発表当日の夜に企画の中止を決定。公式サイト上には、「皆様にご不快な思いを感じさせる企画内容でありましたことを、深くお詫び申し上げます」との謝罪文を掲載した。

   HISの広報担当者は5月12日のJ-CASTニュースの取材に、「フライト中の時間を有意義にできないかという思いから始めた企画だったが、性別における配慮が欠けていた部分があった」と話す。その上で、「お客様からの指摘を真摯に受け止め、中止を決定いたしました」とも続けた。

「第三者がセクハラを指摘するのはおかしい」の声も

   HISの担当者は続けて、企画のメインターゲットとして想定していたのは「家族連れ」で、機内には女子学生のほか、2人のスタッフを同行させる体制を予定していたとも説明。「セクハラだとの指摘が上がるとは予想外だった」とも話した。

   また、『東大美女図鑑』とコラボした理由については、同乗する女子学生の旅費もHISが負担することから、「参加した学生の見識の向上にもつながると考えた」。旅客の隣の席に座るという企画内容は、女子大生側からも「快諾」を得ていたと強調した。

   同社のメールフォームへ直接寄せられた意見は十数件ほどで、なかには「企画の趣旨を面白いと感じて頂いた方もいたようで、『応援メッセージ』のようなご意見もありました」という。

   ネット上に寄せられている声を見ると、「なんでダメなの?」「過剰反応じゃないか」といった意見も数多く見つかるほか、「本人が了解してるのに、第三者がセクハラを指摘するのはおかしい」との指摘も出ている。

   また、芸能事務所に所属する『図鑑』メンバーらがいることも手伝ってか、ネット上では、彼女らはアイドルのようなものだとして、

「東大美女図鑑っていうアイドルグループなんでしょ?アイドルグループが隣に座ってくれるキャンペーンっておかしくないだろ」
「芸能人とのバスツアーとかアイドルとの旅行とかあるよね...あれはいいのか」

と疑問を呈するユーザーも少なくない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中