シャープ次期新社長に戴氏 鴻海の副総裁

印刷

   台湾の電子機器受託製造大手、鴻海(ホンハイ)精密工業の出資を受けて経営を再建するシャープは2016年5月12日、鴻海の副総裁である戴正呉氏が次期社長に就任すると発表した。

   同日の決算説明会で、高橋興三社長が退任を表明。鴻海との提携については6月30日の出資完了を目指しており、そのタイミングで戴氏が新社長に就任する。シャープが社外からトップを招くのは、1912年の創業以来、初めて。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中