BPO、自転車事故企画のフジ番組に「放送倫理上問題あり」

印刷

   放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は2016年5月16日、自転車事故を取り上げたフジテレビのバラエティ―番組について、「放送倫理上の問題がある」との見解をまとめたと発表した。

   番組は2月17日放送のバラエティー番組「カスペ!『あなたの知るかもしれない世界6』」(フジテレビ系)。特集内では、母親を自転車事故で亡くした男性のインタビューに続けて、自転車事故の「当たり屋」をテーマにした再現ドラマを放送した。

   インタビューを受けた男性は、ドラマで当たり屋を取り上げることは取材時に知らされていなかったと主張。「自分も当たり屋であるかのような誤解を視聴者に与えかねず、名誉を侵害された」などとして、委員会に申し立てていた。

   委員会は見解で「フジテレビは、申立人に対して番組の趣旨や取材意図を十分に説明したとは言えず、本件放送には放送倫理上の問題がある」と指摘。一方で名誉棄損については「番組の構成上、申立人のインタビュー場面を含む情報部分とドラマ部分は区別され、一般視聴者に対して、申立人が当たり屋であるかのような誤解を与えるものとはいえない」として、これを認めなかった。

   BPOの放送人権委員会は5月15日にも、15年3月8日にフジテレビで放送されたバラエティー番組「ニュースな晩餐会」に「人権侵害があった」と認定し、委員会の決定内容を放送するように同局に勧告したばかり。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中