東海道新幹線「のぞみ」車内に刃物男、注意した女性車掌が軽傷

印刷

   2016年5月16日18時ごろ、静岡県内を走行していた博多発東京行き東海道新幹線「のぞみ38号」(16両編成)の車内デッキ付近で、刃物2本を所持していた49歳の男が、女性車掌や付近の乗客に取り押さえられた。新幹線は掛川駅で臨時停車し、男の身柄を静岡県警に引き渡した。男は銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕された。

   乗客から「刃物を持った男がいる」と乗務員に連絡があり、女性車掌が、7号車付近のデッキで包丁を持っていた男を注意した。すると、男が抵抗して暴れ出したため、周りの乗客とともに取り押さえたという。その際、女性車掌は右手に軽傷を負った。乗客にけがはなかった。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中