蓮實・元東大総長の「ロック」な記者会見が話題 三島賞受賞も「80歳の人間に、はた迷惑」

印刷

   新鋭の作家に贈られる三島由紀夫賞を受賞したことについて、フランス文学者で元東大総長の蓮實重彦さん(80)が「はた迷惑な話だ」と会見で異例の発言をして、ネット上で反響を呼んでいる。

   「『ボヴァリー夫人』論」などで知られる蓮實さんは、22年ぶりに3作目の小説「伯爵夫人」を書いた。戦前の東京を舞台に、旧制高校に通う青年が魅力的な未亡人と過ごす時間を官能的なタッチで描いたものだ。

  • 80歳の最高齢での受賞が話題に
    80歳の最高齢での受賞が話題に

「選考委員の方がいわば、蓮實を選ぶという暴挙に出られた」

   これが新潮社の手がける三島賞に最高齢で選ばれ、蓮實さんは2016年5月16日の記者会見に臨んだ。

   ところが、冒頭から会見は様変わりな内容になった。

   受賞の「ご心境」について司会者が尋ねると、蓮實さんは、不機嫌そうな表情で次のように話した。

「えー、ご心境という言葉は、私の中には存在しておりません。ですから、お答えしません」

   蓮實さんがこう口を開くと、報道陣からは笑いも起きる。質疑応答に移っても、蓮實さんからはそっけない言葉が続いた。記者が「おめでとうございました」と言っても反応せず、賞を断らなかった理由についても、「はい、それもお答え致しません」と突っぱねた。

   司会者がほかに質問はないかと記者らに聞くと、蓮實さんは、「ないことを期待します」と言う。記者が躊躇しながら受賞を喜んでいるのか尋ねると、蓮實さんは、こう言い切った。

「あのー、まったく喜んではおりません。はた迷惑な話だと思っております。80歳の人間にこのような賞を与えるという機会が起こってしまったことは、日本の文化にとって非常に嘆かわしい」
「選考委員の方がいわば、蓮實を選ぶという暴挙に出られたわけであり、その暴挙そのものは非常に迷惑な話であると思っております」

「あのー、バカな質問は止めていただけますか」

   質問内容に対しても、蓮實重彦さんは、厳しく報道陣を叱責した。小説が蓮實氏の青春期を思い起こさせると記者が指摘すると、「あのー、バカな質問は止めていただけますか」と言い返す。「質問が噛み合っていない」「私を不機嫌にさせる」と苦言を呈し、候補の連絡があったときに断らなかったのかと聞かれ、「お答えする必要ないでしょう」と反論した。

   自身の小説についても、研究者なら知的な操作で書けるとし、執筆のきっかけも「向こうからやってきました」とだけ述べた。ただ、小説は女性に評判がよく女性の選考委員が推してくれたはずだと述べ、会見の最後には、報道陣に一礼して会場を後にしていた。

   蓮實さんの発言については、ネット上で大きな話題になっており、小説家からは賛否両論の意見が出ている。

   作家でミュージシャンの辻仁成さん(56)は、ツイッター上で「候補の段階で辞退するべきでは?」と疑問を示し、「受賞を受けてのこの発言こそ暴挙じゃないか? 若手に失礼です」と批判した。

   一方、好意的な声もあり、作家の高橋源一郎さん(65)は、「受賞したら絶対いうだろうなあと思っていたことをみんなしゃべっていて、爆笑」「今回の発言でもおとなしすぎ」とツイートしていた。

   ネット上では、「なぜ辞退しないのか?」「会見など開くなよ」といった疑問や批判は出ているが、好意的な声もかなり多い。「なんかかっこいい」「こんなロックな人が東大総長だったのか笑」「うわべだけじゃアカンぞ!ということですね」などと書き込まれている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中