金閣寺がジャニーズタレント並みの扱いに? 旅行ガイド本で「写真でなくシルエット」になったワケ

印刷

   旅行ガイド雑誌「るるぶ」(JTBパブリッシング)の電子版で、京都の名刹、金閣寺の写真がなぜか「シルエット」で表示されている。電子版雑誌に掲載されるジャニーズアイドルの写真のように塗りつぶされている。

   J-CASTニュースの取材に応じた同社担当者は、「金閣寺から『非掲載』の意向が伝えられたため」とその理由を明かしたが...。

  • なぜか表紙に空白が(左が「るるぶ」電子版、右が書店で販売されている「るるぶ」)
    なぜか表紙に空白が(左が「るるぶ」電子版、右が書店で販売されている「るるぶ」)

「るるぶ」には非掲載で「まっぷる」には掲載

   JTBパブリッシングが2016年1月25日に発売した「るるぶ京都 '16~'17」の電子版。清水寺や銀閣寺、二条城、伏見稲荷など京都の定番名所を網羅したガイドブックだ。

   しかし、内容を子細に見ると、奇妙な箇所が目につく。京都の観光地として、世界にその名を轟かせる金閣寺の写真が、すべてシルエット加工されているのだ。金色に輝く舎利殿はもちろん、鳳凰の金像、庭園内にある「陸舟の松」「龍門滝」など敷地内の名所の写真はすべて掲載されていない。

   そのため、同誌後半に組まれた金閣寺の特集ページは空白だらけで何が何だか分からない状態だ。ど真ん中に舎利殿の写真が据えられていた表紙もやはり、塗りつぶされた部分が目立つ。

   金閣寺関係で誌面に掲載されているのは、建造物や自然の造形物と無関係にみえる茶菓子と抹茶の写真のみだった。実は、金閣寺以外にも大徳寺や鞍馬寺、広隆寺といったいくつかの寺院の写真が塗りつぶされている。

   電子版雑誌のシルエット加工写真といえば、思いつくのがジャニーズ事務所所属のタレントだ。紙の雑誌に掲載された写真が電子版で「塗りつぶされる」。そんな現象がしばしば起こっているのは、よく知られた話だ。

   ファッション誌「セブンティーン」(集英社)の13年7月号で、ファッション誌「non-no」(集英社)の16年2月号などでみられた。これに関しては、 電子媒体への写真掲載を厳しく規制する事務所側の方針が反映されたもの、という見方がネット上で強い。

   このため、今回の金閣寺のシルエット表示もジャニーズ事務所の「方針」と何か関連があるのだろうか、と考える向きも。しかし、ジャニーズ事務所が金閣寺の肖像権などを保有・管理しているとは考えにくい。「るるぶ」から1か月ほど遅れて発売されたガイド本「まっぷる京都 '17」(昭文社)の電子版には舎利殿の写真も掲載されており、金閣寺側も電子書籍への写真掲載を完全NGとしているわけではなさそうだ。

「京都ぎらい」で指摘された「志納金」のしきたり

   一体なぜこういったことが起きたのか。JTBパブリッシングの広報担当者はJ-CASTニュースの取材(5月17日)に、「金閣寺さんから『非掲載』の意向が伝えられたためです。弊社は発行物の電子化にあたり、寺社に限らずさまざまな店舗や企業と相談の上、写真を掲載するかどうか決めています。中には『非掲載』を希望されるところもあります」と話す。

   金閣寺を管理する鹿苑寺にも「非掲載」の理由を尋ねると、「その件に関し、こちらが答える必要はない」とのことだった。

   なお、本件と直接の関係は不明ながら、出版社と京都の寺社をめぐる興味深い慣習が指摘されている。話題の新書『京都ぎらい』(著者・井上章一、朝日新書)の中で触れられた「志納金」だ。志納金とは、1枚につき数万円、といった形で出版社が寺社に納める「写真掲載料」。

   井上さんは、あくまで「噂」に過ぎない、とことわりながらも、志納金の額は寺との付き合い方によって値下げされる場合もある、観光客に人気の高い「金銀苔石」(金閣寺・銀閣寺・西芳寺・龍安寺の総称)に1枚20万円ほどの利用料が支払われている。支払いを拒否すれば写真が掲載できない、といった「実情」を明かしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中