東京五輪で野球、見られないかも 復活「楽勝」ムードが吹っ飛ぶ事態

印刷

   2020年東京五輪で正式種目の本命「野球・ソフトボール」がピンチにさらされているという。もし落選したら、と関係者は大慌てである。

「東京五輪採用 野球劣勢?」

   朝日新聞が2016年5月10日付(朝刊)で報じた見出しである。それまで、野球・ソフトボールの種目復活は間違いなし、と安心しきっていただけにインパクトは強かった。最近になってくすぶっていた不安な話がそれによって表面化したのだ。

  • 大リーグが不参加を表明しているのが大きい(画像はイメージ)
    大リーグが不参加を表明しているのが大きい(画像はイメージ)

大リーグは依然、不参加姿勢

   その裏付けがこうである。

   今(16)年4月、夏季五輪28競技の国際競技連盟で構成する総会でIOCのバッハ会長が、組織委員の室伏広治スポーツディレクターにこう言い放ったという。

「(野球・ソフトボールの採用が)決まったわけではない」

   バッハ会長は野球・ソフトボールの復活採用に最も理解を示していた人物だけに、東京五輪の関係者は驚いた。

   さらに、3月のIOCプログラム委員会でも、野球・ソフトボールの採用に疑問を呈する話が出たという。

   採用疑問の理由は、大リーグが参加しないとの姿勢をかえていない、チーム競技なので選手など関係者の人数が多すぎる――としている。

   東京五輪の関係者が恐れるのは、採用が決定(8月)する今年に入って、なぜ浮上したのか、とのことだ。上記の理由はとっくにクリアして終わっていたはずではないか、という認識があり、それを蒸し返されたからである。

誘致コンサル料振込問題の影響は

   いうまでもなく、野球・ソフトボールは東京五輪のいち押しの競技である。理由は、野球は日本で最も人気がある、スポンサーが付きやすい、球場はあるので新たに造る必要はない――など。

   日本からすれば、しごくまともで採用に支障がない。ところがヨーロッパの五輪関係者からすると、ほとんどなじみのない競技だし、規則が難しく理解するのが困難。野球・ソフトボールの復活を強力にバックアップしてきたIOC委員が昨(15)年急死したことも影響しているという。

   東京五輪組織委員会の森喜朗会長がテレビ出演し、複雑な表情を見せたのも、関係者の不安を表すものだろう。

   やはり大リーグの不参加は大きいと認めた。「五輪は最高レベルの競技者の大会」の条件を満たさないということである。また、6か国でのメダル争い、というのも影響することになる。

   6月初め、ローザンヌでIOC理事会が開かれる。そこで追加種目の案が作られ、リオ五輪前のIOC理事会で正式に決まり、総会で発表される段取りとなっている。つまり6月に外されたら落選ということである。

   東京五輪はロゴ、新国立競技場建設の問題に続き、いまは東京五輪誘致のコンサル2億2000万円振り込み問題などトラブルが止まない。世界に悪い印象を与えている。それが野球・ソフトボールの採用に響かないのか、と落ち着かない。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中